メディア個別 クリス・エヴァンス、ネットフリックス新作でトム・ホランドと再タッグ | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1456回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

クリス・エヴァンス、ネットフリックス新作でトム・ホランドと再タッグ

クリス・エヴァンスがネットフリックスによる話題の新作『ザ・デビル・オール・ザ・タイム』に出演するようだ。マーベル映画のキャプテン・アメリカ役でおなじみのクリスが、スパイダーマン役で同シリーズにて共演中のトム・ホランドらの出演が決定しているアントニオ・カンポス監督最新作にキャスト入りした。

ランドール・ポスターが、自身の製作会社ナインストーリーズ社を通じて参加するジェイク・ギレンホールとリバ・マーカー、マックス・ボーンらとプロデューサーを務めるこの作品には、他にもロバート・パティンソン、ビル・スカルスガルド、ミア・ワシコウスカ、イライザ・スキャンレンらの出演も決定している。

監督のアントニオがパウロ・カンポスと共同執筆したこの新作は、「連続殺人犯のカップル、信仰を試す牧師、地元の汚職保安官らの登場人物と共に20年間にまたがり語られるミッドウェスタンゴシック」と表現されているが、製作時期に関しては発表されていない。

そんな新作への出演が決定したクリスは、8年間演じてきたキャプテン・アメリカ役を引退することが明かされている。「アベンジャーズ」シリーズ第4弾の撮影を終えた際、「正式に『アベンジャーズ4』を撮り終えた。控えめに言っても、感傷的な日だった。8年以上に渡ってこの役を演じられたことを誇りに思っている。共演者やスタッフ、観客の皆へ、思い出をありがとう!永遠に感謝」とツイートしていた。

ピックアップ

editeur

検索