メディア個別 DJキャレド、『バッドボーイズ・フォー・ライフ』出演決定! | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1449回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

DJキャレド、『バッドボーイズ・フォー・ライフ』出演決定!

DJキャレドの『バッドボーイズ・フォー・ライフ』出演が決定した。有名プロデューサーのキャレドが、ウィル・スミスとマーティン・ローレンスが再タッグを組む人気シリーズ最新作のキャスト入りをしたことを15日(火)、自らツイッターで発表した。

そこでキャレドは「新作映画告知!『バッドボーイズ・フォー・ライフ』でウィル・スミスとマーティン・ローレンスと共演することを喜んで発表する。でもまだ2019年1月15日。これからどうなるかなんて分からない。アカデミー賞も行くぞ!」とツイートしている。

ウィルとマーティンが1995年作『バッドボーイズ』と2003年作『バッドボーイズ2バッド』で演じたマイク・ラーリーとマーカス・バーネット刑事役を続投する一方で、キャレドのほか、ヴァネッサ・ハジェンズ、アレクサンダー・ルドウィグ、チャールズ・メルトン、ジェイコブ・スキピオ、パオラ・ヌネスら新キャストが登場する。

ジェイコブ演じる麻薬カルテルのボスがラーリーを狙うストーリーの中、パオラはラーリーの元恋人でもあるマイアミ市警察の特殊部隊の隊長で犯罪心理学者のライト役を演じる。

ピーター・クレイグが脚本、アディル・エル・アルビとビラル・ファラーが共同監督を務める『バッドボーイズ・フォー・ライフ』の製作は、プロデューサーを務めるジェリー・ブラッカイマーとダグ・ベルグラッドの元、すでに始まっていると見られている。

ピックアップ

editeur

検索