メディア個別 年下彼女でもドン引き? 年の差カップルが避けるべき「年齢の話題」 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第54回 | 見直してモテ度アップ!40男のNG集

年下彼女でもドン引き? 年の差カップルが避けるべき「年齢の話題」

「女性に年齢の話はNG」というのは、分別のついた大人なら誰しもが理解していること。でも、それは加齢を気にする女性にだけに当てはまることで、彼女が自分より年下の場合は年齢の話をしてもいい…と思ってしまってはいないだろうか? 今回は、ミドル男性のそんな勘違いに警告したいという美女にアドバイスをしてもらった。
今回のアドバイザー
Uさん 編集者 29歳
絶世の美女でありながら「中身はオヤジ」を自称するUさん。立ち飲み屋で近所のオジサンたちとワイワイ酔っ払うのが好きという男前女子だ。

頻繁に出る「年齢の話題」が、女性の恋心を鎮火する?

一回り以上年上の男性と年の差恋愛経験のあるUさん。彼のことが大好きだったUさんだが、彼の持ちかける年齢の話題にはひそかに引いてしまっていたという。

Uさん「24歳から27歳までの3年間ちょっと、15歳年上の彼氏と付き合っていました。デザイナーをしている人で、すごく感性が瑞々しくて、いい意味で同年代と話してるみたいに盛り上がれるところが大好きでしたね。

でも、彼がことあるごとに言うある口癖が嫌で、愛情がどんどん減っていっちゃったんです。その口癖は、『Uちゃんはまだ若いから』だったんですよ」

たとえ「若さ」についてでも、女性の年齢に触れるのはタブー!

若さについて触れるならNGな話題ではないのでは?と考える男性もいるだろう。しかしUさんは「若い」と言われるたびに気分を害していたようだ。

Uさん「2人とも映画や漫画が好きだったのでよく語り合ってたんですけど、たまには意見が合わなくなることもありました。そこで変に議論せず、互いの意見を尊重する…という姿勢は彼の美点。でも、話の切り上げ方がいつもいつも『Uちゃんはまだ若いから』。『Uちゃんはまだ若いから、あのシーンの魅力が分からないんだろうな〜』みたいなことばっかり言われるんです。

そう言われちゃうと、実際に彼より15歳年下の私は何も言えない。彼の中では便利な切り上げ口上だったのかもしれないですけど、なんだかバカにされてる感じがして腹が立ちましたね」

NGなのは女性の年齢だけじゃない。オジサンの自虐ジョークにも要注意

では、意中の20代女性を食事に誘うならどんな店を選ぶべきなのか?

Uさん「それから、逆バージョンも多かったんですよ。『俺もうオジサンだからさ』って頻繁に自虐を言うんです。映画の感動的なシーンとかで『オジサンはもうこれじゃ泣けないわ』とか、最新のアーティストの曲とかを聞いて『オジサンには良さが分からないな〜』とか。否定的な態度の時に言うことが多かったですけど、それ以外にも『オジサンだから赤身肉の方が美味い』とか、日常会話の中でもよく言ってましたね。

別段意味はなかったと思うんですけど、本当にしょっちゅう言われると『私、オジサンと付き合ってるんだ…』ってなんとなくゲンナリしてきちゃって(笑)。せっかく似た感性を持って付き合えてるんだから、わざわざ年齢差を強調しなくてもいいのに…っていつも思っていました」

カップルとして息が合っていれば、年齢の違いなど気にならないはず。わざわざ年齢の話題を引っ張り出そうとせず、対等な恋人同士として会話を楽しんだほうが良さそうだ。

最後にアドバイザーからひと言

Uさん「年下彼女への『若いね』は褒め言葉ではないです。付き合っているなら対等に扱って欲しいですね」

Text by Takumi Arisugawa

editeur

検索