メディア個別 アイコンはどう進化したのか──All-Newポルシェ911 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第45回 | ポルシェの最新車デザイン・性能情報をお届け

アイコンはどう進化したのか──All-Newポルシェ911

「901」「930」「964」「993」「996」「997」「991」。カーガイなら、この暗号めいた数字の順列がなにを示すか、すぐに理解することだろう。歴代『911』の型式だ。ポルシェのフラッグシップにしてアイコンたるこのクルマは、型式で呼ばれるクルマの代表格である。「911」のあとに続く数字は「992」。1964年のデビューから数えて8世代目となる新型『911(992型)』が、晩秋のロサンゼルスでアンベールされた。

新型『911』は流麗なスタイリングを継承しながら大型化してマッシブな印象に変貌

北米はポルシェにとって重要な市場だ。2017年は5万5420台を北米で販売。そのうち7802台は『911』だった。マーケットとしては中国に次ぐ規模で、カリフォルニア州だけでも、ポルシェが販売される世界各国と比較すると5番目の売れ行きとなるという。

そう考えると、旗艦モデルの『911』がLAオートショーの前夜に、ポルシェの北米拠点であるポルシェ・エクスペリエンスセンターで初お披露目されたのも合点がいく。

では、実際にベールを脱いだ実車を見ていこう。新型ではあるが、継承されるべきDNAはしっかりと守られている。つまり水平対向エンジン、5連メーター、2+2シート、そして流麗なスタイリングだ。

スタイリングはより力強い印象となった。その理由は、ボディの大型化だ。従来は後輪駆動モデルと四輪駆動モデルのボディサイズが異なっていたが、新型はすべて共通。後輪駆動モデルは横幅がワイドになり、またリアのタイヤサイズが21インチと大径化され、それに伴いリアフェンダーの幅も拡大。重心が低く地を這うようなイメージを与える。

フロントフェイスを注意深く見れば、ヘッドライトの形状変更に気づくはずだ。前世代の「911型」よりもわずかに円状に近づいており、往年のポルシェモデルをほうふつさせる。リアでは、「PORSCHE」のロゴと一体化した左右連結のテールライトが印象的だ。

室内にはオールド『911』への回帰を思わせる意匠。もちろん5連メーターは健在だ

インテリアでは、ダッシュボードに水平基調の直線デザインを採用。996型以降の『911』で採用されていたタテ型コンソールから大転換をはたしたが、言い方を変えれば、初代以降の往年のモデルをイメージして回帰したとも捉えることができる。古くからのファンにとっては、うれしい限りだろう。

『911』のDNAといえば、インパネの形状も忘れてはならない。中央にレヴカウンター(タコメーター)を配置した5連メーターだ。むろん新型にも採用された。もっとも、アナログメーターなのはレヴカウンターだけ。その左右には7インチモニターのデジタルメーターパネルが配され、ドライバーに必要な情報を適時表示してくれる。伝統を受け継ぎつつ、最新の技術で最良を実現する『911』らしさを感じさせる。

センタースクリーンには、10.9インチパネルを採用。「PCM」(ポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステム)に対応しており、さまざまな機能にスピーディなアクセスができる。スクリーンの下には5個のスイッチ。これを押すことで使用頻度が高い車両機能に直接アクセスが可能になった。

伝統の水平対向6気筒ターボエンジンは、30psアップとなる最高出力450psを発揮

「最新のポルシェが最良のポルシェ」。それだけに気になるのは、やはり動力性能だろう。心臓部はもちろん水平対向6気筒ターボだ。最高出力は前モデルよりも22kW(30ps)アップした331kW(450ps)で、パドルシフト式8速PDKが組み合わされる。

0-100km/h加速は『911 カレラS』が3.7秒、『911 カレラ4S』は3.6秒。最高速度は『911カレラS』が308km/h、『911 カレラ4S』は306km/hに達する。残念ながら、現在発表されている車種とスペックはこれだけだ。今後の発表が待たれる。

走行性能で実力を試したいのが、新しく採用された「ウェットモード」だ。濡れた路面を検知し、コントロールシステムを調整することで安定して走れるようにするという。そのほかの安全機能では、「ナイトビジョンアシスト」や「アダプティブクルーズコントロール」、「エマージェンーブレーキ」などがオプションで準備された。

ドイツ本国では注文の受け付けを開始。当初は『カレラS』『カレラ4S』のみを発売

実際の発売は2019年夏頃といわれているが、ドイツ本国ではすでに注文が可能となっている。それによれば、販売価格は『911 カレラS』が12万125ユーロ(約1518万円)から、『911 カレラ4S』が12万7979ユーロ(約1618万円)からとのことだ。

今後、ベースモデルとなる『カレラ』や『カブリオレ』なども続々と発表されることになるだろう。個人的には、ハイエンドモデルであり、公道レーシングカーというべき『911 GT3』がどれほどのモンスターマシンに仕上がってくるのか、楽しみでならない。

Text by Tsukasa Sasabayashi
Photo by (C) Porsche AG.
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

動画はこちら
The new Porsche 911 オフィシャル動画

editeur

検索