メディア個別 この370Zはすごい──400馬力の公式チューニングカー | editeur エディトゥール

editeur

検索
第8回 | 日産の最新車デザイン・性能情報をお届け

この370Zはすごい──400馬力の公式チューニングカー

カルロス・ゴーンは、1999年にルノーと日産が資本提携を結んだのを受けて、COO(最高執行責任者)として日産にやって来た。このゴーン体制によって開発が始まったスポーツカーのひとつがR35型『GT-R』。もう一台がZ33型『フェアレディZ』だ。このうち復活した『Z』は、主戦場の北米市場でもヒットし、2008年12月にZ34型へと進化した。それからちょうど10年。2019年は『Z』の誕生50周年にあたり、秋の東京モーターショーには新型が登場すると噂されている。そんななか、北米日産が公式というべきチューニングカーを発表した。換装された強力エンジンの最高出力は400馬力に達する。

インフィニティ『Q60』の400馬力ツインターボエンジンを積んだ『フェアレディZ』

そのチューニングカーの名は『370Z Project Clubsport 23』。製作を担ったのは、日産車のカスタムパーツなどを開発・製作・販売し、日産のワークスチームとしてレース活動を行うNISMOと『Z』のモディファイヤーとして知られるMA Motorsportsだ。

最大の変更点は心臓部にある。ベースとなった『370Z NISMO』(日本名『フェアレディZ NISMO』)が搭載するのは最高出力355psを発生するハイパワーの3.7L V6「VQ37」エンジンだが、これをインフィニティ『Q60』の3.0L V6「VR30DDTT」ツインターボエンジンに換装。それにより、最高出力はさらに400psにまで引き上げられた。

組み合わせるトランスミッションは『370Z NISMO』の6速MT。このツインターボはATのみで販売されてきたので、これが初のMT仕様の「VR30DDTT」となる。もちろん補機類やサスペンションもNISMOやMA Motorsports製に変更して強化した。

外観も室内もスパルタン。ナンバープレートの両側から突き出すエキゾーストパイプ

エクステリアも、通常のNISMO仕様からさらにドレスアップされている。ボンネットは軽量のNISMO製カーボンネット、ミラーもカーボンファイバー製だ。リアまわりではバンパーを変更して空力性能を高めているが、目を引くのはユニークなエキゾーストだろう。ナンバープレートの両側からエキゾーストパイプが突き出しているのだ。

足元にはレイズ製18インチアルミホイールを履き、装着するタイヤは285/35R18のハンコックVentusシリーズ「R-S4」。言わずとしれたレーシングタイヤである。ブレーキパッドにNISMO、ローターにZ1 Motorsports製を採用して制動力も高めている。

ロールゲージを装着した室内は黒を基調とし、スポーティかつスパルタンな雰囲気。スパルコのフルバケットレーシングシートと6点シートベルトを採用し、黒のスウェードのステアリングホイールもスパルコだ。インストルメントパネルやセンターコンソール、ドアまわりのトリムには、ダイヤモンドパターンの赤のステッチが施されている。

市販化の予定はなし。しかし反響次第でカスタムパーツのパッケージキットが登場!?

残念ながら『370Z Project Clubsport 23』はコンプリートカーではない。つまり、いまのところメーカーカスタムの完成車として販売する予定はないということだ。

しかし、もしかするとユーザーがカスタムパーツによってこの公式チューニングカーを再現することが可能になるかもしれない。今回開発されたパーツの一部は販売されることが決まっているが、予想以上に反響が大きいようなら、ハードウェアと電装系などをパッケージしたビルダーズキッドを発売する可能性も示唆されているからである。

『Z』のファンは、2019年秋と噂される新型の登場まで待つか、販売されるカスタムパーツによって日産公式のチューニングカーを手に入れるか。悩ましいところだ。

Text by Kenzo Maya
Photo by (C) Nissan Motor Co., Ltd.
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

editeur

検索