メディア個別 白鶴の"若手"が造った新しい日本酒!?「別鶴」MAkuakeにて先行予約販売開始 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第4397回 | NOMOOO powered by éditeur

白鶴の"若手"が造った新しい日本酒!?「別鶴」MAkuakeにて先行予約販売開始

白鶴酒造が、クラウドファンディングサイトMakuake(マクアケ)で、「別鶴」の先行予約販売を実施しています。

同商品は、同社の若手社員の「新しいチャレンジをして、日本酒業界を盛り上げたい!」という、熱い気持ちによりスタートした日本酒プロジェクトが生んだ一本。

苦労して完成したという3種の日本酒は、それぞれ”今まで出会ったことのないような香りと味わいを持つ仕上がり”になっているとのことです。

ラインナップは、レモングラスのような香りと爽やかな酸味が特長の「木漏れ日のムシメガネ」、柑橘類の果皮のような香りとほろ苦さが特徴の「陽だまりのシュノーケル」、完熟した果実のような芳醇な香りと、まったりとした甘味が特徴の「黄昏のテレスコープ」。

それぞれ、400以上ある白鶴独自酵母から、過去実用化されていないものが使用されているなど、新しいチャレンジとしてこだわられている日本酒になります。

規格はどれも純米酒。純米酒好きや、”新しい日本酒”を飲んでみたいという方は、この「別鶴」のプロジェクトを支援してみてはいかがでしょうか?詳しくはこちら。

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

※この記事はグルメ情報サイト「NOMOOO」から提供を受けて掲載しています
ピックアップ

editeur

検索