メディア個別 女性をオトす「勝負店」は、個室レストランよりも行きつけの居酒屋が◎ | editeur エディトゥール

editeur

検索
第73回 | 恋に効く心理学テクニック

女性をオトす「勝負店」は、個室レストランよりも行きつけの居酒屋が◎

グルメなミドル男性ともなれば、女性を口説くための「勝負店」に2〜3軒の当てはあるはずだ。だが、もしかするとその勝負店、イマドキの20代女子からみると時代遅れかも? 意中の女性を本気でオトすならどんな店が良いのか、飲み歩きが趣味の美女にアドバイスしてもらった。
今回のアドバイザー
Mさん 商社OL 25歳 
ミシュラン星付きのフレンチから下町の立ち飲み屋まで、美味しいお店ならどこへでも足を運ぶというグルメ女子Mさん。年上のオジサマとデートをするなら、レストランに詳しい人がいいと瞳を輝かせる。

年上男性との食事は、20代グルメ女子からの定評あり

美味しいものが大好きというMさん。社交的な彼女にはグルメ友達も多いようだが、中でも年上男性と食事に出かけるのが一番楽しいのだそう。

Mさん「私、美味しいものを食べにいくのが趣味なんです。女友達とも色んな所に行くけれど、年上男性と一緒にご飯に行くのが一番好きですね。

女子会で行くお店は、インスタ映えがする話題のお店を開拓する感じでたまに外れがありますし、同年代の男の子と食事に行くと、頼りないシーンを見ちゃうこともあるので…。その点、色んなお店で外食しなれている年上男性とのごはんは知る人ぞ知るお店に連れて行ってもらえたり、注文の仕方もこなれていたりするので安心できます」

ムードたっぷりな個室レストランは、女子の警戒心を高めるだけ?

しかし、Mさんにはとある疑問があるようだ。それは、年上男性の「勝負店」のチョイスについて。

Mさん「『美味しいものを楽しく食べに行こう!』だけが目的ならいろんなお店に行けるのに、ミドルエイジの男性って、口説きモードに入るとなぜかムーディーなお店一択になっちゃいませんか?(笑) たしかにそういうお店に行きたい時もありますけど…。正直いって、まだ関係の浅いうちは逆効果なこともあると思います。

ムーディーなお店だとどうしても『あれ? これから口説かれるのかな?』って身構えちゃいますし、それが暗い個室のレストランだったりすると、いかにも下心アリ!って感じがして警戒心が高まるんです。少なくとも、お酒はちょっと控えめにしておこうかな…と思いますね」

行きつけの賑やかな飲み屋が舞台なら、健全に距離が縮められる

では、意中の20代女性を食事に誘うならどんな店を選ぶべきなのか?

Mさん「距離を縮めたい女性とこそ、張り切らないお店に行くのがいいと思うんです。常連として名前まで知られているようなお店なら最高ですね。

常連になっているお店だったらまず変なことは出来ないし、自分のテリトリーに連れて行ってくれたっていうことで、その女性に対する『本気度』が伝わります。ガヤガヤした賑やかなお店なら、会話をするために自然と顔も寄せ合いますしね。個室レストランよりもよっぽど親密になれると思います!」

40代男性が20代女性を口説く時は、いかに威圧感や下心を消せるかがキーポイント。女性の警戒心を自然に取り除き一気に距離を縮めるためにも、常連と言えるカジュアルな店もいくつかラインナップに入れておこう。

最後にアドバイザーからひと言

Mさん「賑やかなお店だと、ついついお酒も進んじゃいます。自然と『一緒にいて楽しい』という気持ちになれますね」

Text by Takumi Arisugawa

ピックアップ

editeur

検索