メディア個別 女心を掴みたいなら、記念日ではなく「なんでもない日」にプレゼントしよう | editeur エディトゥール

editeur

検索
第72回 | 恋に効く心理学テクニック

女心を掴みたいなら、記念日ではなく「なんでもない日」にプレゼントしよう

意中の女性の気を惹くために、プレゼントの力を借りるのは恋愛の基本テクニック。クリスマスや誕生日といったイベント時にプレゼントを欠かさない男性は、確かにモテるはずだ。しかし、「イベント毎のプレゼントだけでは少々威力不足」と語る美女もいる。女性へのプレゼントの上級テクニックについて、美女のアドバイスに耳を傾けよう。
今回のアドバイザー
Mさん 商社OL 25歳 
一見すると清楚で可憐な印象を抱かせるMさんだが、実は生粋の小悪魔系美女。特に、年上の男性にちょっかいを出すのが大好きなのだそう。

記念日にプレゼントを送るだけでは、女性に愛は伝わらない!?

記念日やイベント時にプレゼントを送ることで「気持ちを伝えた」と考える男性は多いはずだが、Mさんによると「それだけでは不十分」なのだという。

Mさん「好きな女性がいたら、まず誕生日とクリスマスのプレゼントは欠かせませんよね。付き合っている女性なら、付き合い始めた記念日やホワイトデーもプレゼントがマストです!

でも、これはあくまでも“マスト”。プレゼントして当たり前なので、女性の側もどこかで『もらって当然』と思ってるんです。そこで絶対オススメなのが『なんでもない日にあげるプレゼント』なんですよ」

記念日じゃなければ、石鹸やお茶などのプチギフトで女性の心を鷲掴みにできる

理由もなくプレゼントをすることが、なぜ女性の心を繋げるのか? Mさんの自説はこうだ。

Mさん「あげるのは全然高価なモノじゃなくていいんです。むしろ、高価なものだと遠慮されちゃうこともあるので、さりげないものがいいと思います。例えば、ちょっとラグジュアリーな石鹸とか、美味しいハーブティーのティーバッグとか。

大事なのは、モノよりもタイミング。なんの記念日でもない日常のデートで、サラッと『はいこれ、プレゼント』って感じで渡してみてください。相手の女性は絶対キュンってしますから! 

これの何が女心をくすぐるかというと『日頃からあなたのことばかり考えてますよ』ってことが伝わるところなんです。だって、クリスマスのプレゼントはわざわざ買いに行きますけど、なんでもない日のプレゼントはいつでもその女性のことを考えていないと用意できないんですから」

過去の会話に紐づいたプレゼントを選べば効果は倍増!

なんでもない日のプレゼントが持つ絶大な効果は、Mさん自身も経験済みだ。

Mさん「以前付き合ってた年上の彼氏が、こういうキザっぽいマメな行動がすごく上手い人だったんですよ。さっきは『あげるモノはなんでもいい』って言いましたけど、彼の場合はモノ選びもセンス良かったですね。

私が何気なく言ったことをよく覚えていて、それに関するプレゼントをくれるんです。例えば『冷え性で悩んでる』って言ったら冷え性に効くかわいいバスボムをくれたり…。『本当に私のこと好きでいてくれてるんだ』って感じられて、毎回感動してました」

大人のさりげなさとセンスが問われる、簡単なようで難易度の高い「なんでもない日のプレゼント」。だが、たとえ興味のないプレゼントを選んでしまったとしても恥じることはない。「なんでもない日のプレゼント」の本質は「相手のことを考えてプレゼントを選んだ時間そのもの」なのだから。

最後にアドバイザーからひと言

Mさん「付き合ってない女性に高いプレゼントはダメです!『もらう理由がない』って返されたりしますし、高すぎるとちょっと不気味なので(笑)」

Text by Takumi Arisugawa

editeur

検索