メディア個別 世界ではカローラ並の人気──50周年を祝うハイラックス | editeur エディトゥール

editeur

検索
第14回 | トヨタの最新車デザイン・性能情報をお届け

世界ではカローラ並の人気──50周年を祝うハイラックス

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のラストシーン。主人公のマーティは過去が変わったことで、以前には乗ることができなかった憧れのピックアップトラックを手にする。それが『ハイラックス』だ。日本ではSUVである『ハイラックスサーフ』のほうが有名だが、そのベースとなったクルマでもある。8世代の歴史を重ねてきた名車で、グローバルでは、同じトヨタの『カローラ』と比肩する売り上げを誇る。今年は、初代の誕生から50周年。その記念として、特別仕様車『Z"Black Rally Edition"』が発売された。

トヨタ『ハイラックス』は無骨さとインテリジェンスを併せもつベストセラーモデル

『ハイラックス』が日本国内で販売されていたのは、2004年に生産が終了した6世代目まで。日本では需要が少ないピックアップトラックということもあり、SUVである『ハイラックスサーフ』に比べると馴染みが薄いかもしれない。復活したのは、2017年から販売されている現行型からだ。13年ぶりの復活、そしてタイから日本に輸入される初のトヨタ車であることから、大きな話題となった。

話題だけでなく、売れ行きも好調。それも、実力があってのことだ。『ハイラックス』には次のような特徴がある。可変ノズル式ターボチャージャーや空冷式インタークーラー、コモンレール式燃料噴射システムなどの採用により、低回転域から強大なトルクを実現した2.4Lディーゼルエンジン。ダイヤル操作で駆動方式を選択できるパートタイム4WDシステム。高強度のフレームや振動減衰を高めるサスペンションにより、悪路も苦にしない走行安定性と乗り心地。最新の安全運転支援技術。そして無骨でエモーショナル、男臭いデザイン。

たとえるなら、一見すると筋骨隆々の野趣あふれる人物が、じつはジェントルさとインテリジェンスを兼ね備えていたといったところだろうか。そういった意味で、『Z"Black Rally Edition"』は、都会的なスタイリッシュさも身につけた一台だ。

50周年記念モデルは、最上級グレード「Z」をベースに特別装備でスタイリッシュに

『Z"Black Rally Edition"』のベースは、その名のとおり最上級グレードの『Z』だ。これに黒をモチーフにしたさまざまな特別装備が搭載された。

フロントマスクでは、専用の意匠をまといブラックに塗装されたグリルとスキッドプレートを採用。足回りは、ブラックのオーバーフェンダーと通常の17インチから18インチにサイズアップしたタイヤが印象的だ。特にタイヤは、文字を白色で記した「ホワイトレター」。塗料によるペイントではなく、白いゴムを埋め込んだこだわりの成形だ。ブラックのアルミホイールと相まって、スポーティーな外観に仕上がっている。

ほかにも、ブラックメタリック塗装のドアミラーやドアハンドル、テールゲートハンドルなどが車体のアクセントとなっている。

内装では、ルーフヘッドライニングやピラーガーニッシュ、ルームパーテーション、バックパネルトリムなどをホワイトからブラックに変更。細部では、本革巻きステアリングやダッシュボード、シフトノブなどをはじめとして、さまざまな箇所にブラックメタリック加飾を施した。また、オプティトロンメーターは専用意匠へと変更されている。これらによって、全体的に標準モデルよりもクールな印象を醸し出すこととなった。

価格は約394万円。イギリスでも50台限定のアニバーサリーエディションが登場

『ハイラックス』は180の国と地域で販売され、累計世界販売台数は約1730万台と、世界中にファンが多いクルマだ。そういった理由もあるのだろう。日本だけでなく、イギリスでも50周年記念の限定車『50th Anniversary Limited Edition』が発売された(メイン写真と下の写真のモデル)。

こちらは50台限定で、おもに意匠や装備面で差別化した『Z"Black Rally Edition"』とは異なり、特別なエクステリアに加え、足回りもよりオフロード性能を高める方向でホイールやタイヤが選ばれたという。

UKモデルは限定50台だが、『Z “Black Rally Edition”』は販売期間や台数を定めていない。カタログモデルとして考えてもいいだろう。価格は394万7400円だ。

日本ではピックアップトラックは一般的ではないかもしれないが、それだけに、自らのライフスタルを強烈にアピールできる。アウトドア好きにはたまらない一台だろう。

Text by Tsukasa Sasabayashi
Photo by (C) TOYOTA MOTOR CORPORATION.
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

動画はこちら
Toyota Hilux 50 years in the making

editeur

検索