メディア個別 これがホンダの答え──ラゲッド・オープンエアビークル | editeur エディトゥール

editeur

検索
第3回 | ホンダの最新車デザイン・性能情報をお届け

これがホンダの答え──ラゲッド・オープンエアビークル

「ファン・ドライビング」とは何か? その問いに対する北米ホンダの答えが『ラゲッド・オープンエアビークル・コンセプト』だ。ピックアップトラックの『リッジライン』と全天候型のオフロードビークル『パイオニア1000』を組み合わせて作った一台で、シートはホットハッチの『シビック タイプR』のものを使用。ビジュアルのインパクトも大きく、まさに荒野が似合う究極のオフローダーといった趣なのである。

ピックアップトラック『リッジライン』をベースにしたアグレッシブなオフローダー

カスタムカーのイベントといえば、日本では東京オートサロンがよく知られているが、アメリカにもSEMAショーという世界最大規模の見本市がある。毎年秋に行われ、今年はちょうどハロウィンと重なる10月末にネバダ州ラスベガスで開幕した。

そこで北米ホンダが発表したのが、「Honda Rugged Open Air Vehicle Concept(ホンダによる頑丈なオープンエア車)」と題したコンセプトカーである。ベースはピックアップトラックの『リッジライン』とのことだが、そのスタイリングはあまりにも攻撃的で、まるでアタックバギーかATV(All Terrain Vehicle=全地形対応車)のようだ。

アメリカの自動車市場ではピックアップトラックの人気が根強く、その販売台数はセダンを上回るほど。製品単価が高いこともあってメーカーも開発に力を入れおり、ベストセラーのフォード『Fシリーズ』を筆頭に、トヨタの『タコマ』『タンドラ』、日産の『タイタン』『フロンティア』、GMCの『キャニオン』、シボレーの『コロラド』『シルバラード』といった多数のモデルが存在する。北米自動車市場の激戦区といってもいい。

そのなかにあって、ホンダはピックアップトラックのイメージが弱かった。そこで2016年に2代目モデルに刷新した『リッジライン』のイメージを一新するため、バハ1000やバハ500などのデザートレースに積極的に参加。優秀な成績を収めたこともあって、狙い通りに販売台数を引き上げることに成功した。同時に、ホンダは、アメリカではいまなおモータースポーツでの成績が販売に強い影響を与えることを明らかにしたことになる。

オープンエアスタイルやパーツは、ホンダのATV『パイオニア1000』から受け継ぐ

ホンダがSEMAショーで公開したコンセプトカーを仮に『ラゲッド』と呼ぼう。『リッジライン』をベースにしながら上部はルーフを取り払ってパイプケージのみ。長いサスペンションとフロントの大きなスキッドプレートが目を引く。ヘッドライト周りにはわずかに『リッジライン』の面影を残しているが、もはやまったくの別物だ。

スペックは公表されていないが、『リッジライン』の3.5L V6エンジンをそのまま搭載していると予想されている。V8のシボレーやGMCと比べると非力といわれるが、『ラゲッド』に見た目どおりの軽量化がなされていれば十分な動力性能を発揮するだろう。

基本構成は『リッジライン』と同じだが、コンセプトやいくつかのパーツはATVの『パイオニア1000』から受け継いでいる。ATVは林業や牧場など使われる実用車かオフロードレース用モデルが多く、いずれにせよ一般的なピックアップトラックよりもハードでスポーティなイメージだ。『ラゲッド』が採用するオープンエアのスタイルも、間違いなく『パイオニア1000』に由来しているはずである。

4人乗りのシートは、『シビック タイプR』のバケットシートに『パイオニア1000』の防水性の高い表皮を合わせたもの。ダッシュボードからは、本来そこにあるディスプレイが取り外され、よく見ると「RAM MOUNT」のロゴが入ったスマートフォンホルダーが装着されている。ステアリングホイールやドアも『パイオニア1000』からそのまま流用。荷台はそれほど広くないが、リアゲートを倒せばバイクも積むことができそうだ。

オフロード大国アメリカの人々に残る、サンドバギー『FL オデッセイ』のイメージ

じつは、ATVの分野ではホンダは先駆的存在で、1970年代から80年代にかけてバルーンタイヤを履かせたオフロード用三輪バギーの『ATCシリーズ』や四輪の『FL250オデッセイ』『FL350オデッセイ』(北米のみ)を販売していた。

アメリカの人々には、いまだにそのイメージが強烈に残っている。それゆえ『ラゲッド』についても「イメージは当時のオデッセイそのもの」と評する人が多いようだ。その後、「オデッセイ」の名がホンダのプレミアムミニバンに受け継がれているのも面白い。

オープンエアではシートに貴重品を置き忘れるのは厳禁だが、アメリカにはいまだにオフロードモデルを愉しめる広大なフィールドが残されている。ATVを購入したユーザーが実際にどれほどオフロードに走りにいくかはわからない。しかし、アメリカでは、間違いなくセキュリティより「ファン・ドライブが大切」と考える人のほうが多数派なのだ。

Text by Koji Okamura
Photo by (C) Honda Motor
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

動画はこちら
Honda Rugged Open Air Vehicle Concept オフィシャル動画

editeur

検索