メディア個別 『愛すれど心さびしく』のソンドラ・ロックが死去 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1348回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

『愛すれど心さびしく』のソンドラ・ロックが死去

ケンダル・ジェンナーは、フォーブス誌が選ぶ今年最も稼いだモデルに選出された。同誌が発表したランキングによると、ケンダルは今年6月までの1年間で2250万ドル(約25億円)もの収入を得ていたという。

ケンダルの主な収入源は、エスティ ローダーやアディダス、カルバン・クラインといった有名ブランドとの契約によるもののようだ。

ケンダルに続き、2位に入ったカーリー・クロスはスワロフスキーやアディダス、アウェイとの提携により1300万ドル(約15億円)を稼ぎ出した。

またクリッシー・テイゲンとロージー・ハンティントン=ホワイトリーが、それぞれ1150万ドル(約13億円)で3位に続いている。クリッシーの収入が調理器具の販売や2冊目の料理本、『リップ・シンク・バトル』の司会業などによるものに対して、ロージーは英マークス&スペンサーでの自身の下着やメイク用品、香水などのローンチが大きく寄与したかたちだ。

5位は、ダグラス・コスメティックスやリンメル、タグ・ホイヤー、ディオール・ビューティーとの契約で1000万ドル(約11億円)を稼いだカーラ・デルヴィーニュのほか、ジゼル・ブンチェンがスチュアート・ワイツマンをはじめ、ヴィヴァラやアレッソなどブラジルのブランドの広告、自伝『レッスンズ』などによりカーラと同額の収入を得た。

フォーブス誌が選ぶ2018年度モデルの収入ランキング:

1.ケンダル・ジェンナー 2250万ドル(約25億円)

2.カーリー・クロス 1300万ドル(約15億円)

3.クリッシー・テイゲン、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー 1150万ドル(約13億円)

5.カーラ・デルヴィーニュ、ジゼル・ブンチェン 1000万ドル(約11億円)

7.ジジ・ハディッド 950万ドル(約10億5000万円)

8.ベラ・ハディッド、ジョーン・スモールズ 850万ドル(約9億5000万円)

10.ドウツェン・クロース 800万ドル(約9億円)

ピックアップ

editeur

検索