メディア個別 レオナルド・ディカプリオ、オスカー像を返還? | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1342回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

レオナルド・ディカプリオ、オスカー像を返還?

レオナルド・ディカプリオがアカデミー賞のオスカー像の返還を求められたようだ。2015年作『レヴェナント: 蘇えりし者』で自らもアカデミー賞を受賞しているディカプリオだが、1954年にマーロン・ブランドが『波止場』でアカデミー主演男優賞を受賞した時のトロフィーをプレゼントされていたそうで、今回係争中を理由に返却しなければならないという。

ニューヨーク・タイムズによると、マレーシア出身の資産家ジョー・ローがそのトロフィーを60万ドル(約6800万円)で落札し、パブロ・ピカソの絵画などと共にディカプリオに贈っていたそうだ。

2013年のディカプリオ主演作『ウルフ・オブ・ウォールストリート』に出資したローは、投資ファンドから巨額の不正行為を働いたとして訴えられている。

映画芸術科学アカデミーは1ドルでトロフィーを保有する権利を持っており、捜査後にはオスカー像がアカデミーに返却される見通しとなった。

一方で、ディカプリオは最近、カミラ・モローンとの「真剣な交際」を報じられていた。

2人の交際について関係者はこう話している。「彼もずいぶん大人になり、長い目で見ています」

結婚などについてはまだ全く話題に出ていないというものの、互いに交際が発展している状況に満足しているようで、別の関係者は「カミラとのことはとても真剣に捉えていて、付き合い始めてからもしばらく経ちますが、結婚の話はまだありません」と話した。

またディカプリオはカミラとの歳の差を十分に自覚しているため、あまり多くは求めないようにしているようで、交際の進展についてはあまり深く考えないようにしていると言われている。

ピックアップ

editeur

検索