メディア個別 ジャネール・モネイ、グロリア・スタイネムの伝記映画に出演決定 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1336回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

ジャネール・モネイ、グロリア・スタイネムの伝記映画に出演決定

ジャネール・モネイがグロリア・スタイネムの半生を描く新作映画でドロシー・ピットマン・ヒューズ役にキャスティングされた。活動家と知られるスタイネムの異なる時代をジュリアン・ムーアとアリシア・ヴィキャンデルが演じることがすでに決定している同作は、スタイネムが2015年に発表した自伝『マイ・ライフ・オン・ザ・ロード』が基となっている。

『ザ・グロリアズ:ア・ライフ・オン・ザ・ロード』と名打たれたこの新作は、サラ・ルースによる脚本でジュリー・テイモアが監督を務める。

60年代と70年代に女性の権利の擁護者として名をはせたスタイネムが、地道な活動家から男女平等のシンボルとなるほどの存在に変貌するまでの姿を描く。

1971年の全国女性政治リーダー会議創設にスタイネムらと携わったベラ・アバグ役にはベット・ミドラーが決定している。

グラミー賞にもノミネートされ、アーティストとしての活動も衰えを知らないジャネールだが、2016年作『ムーンライト』でのスクリーンデビュー以来、映画界でも着実に女優としての存在感を見せつけており、『ドリーム』ではハリウッド映画賞のスポットライト賞を受賞している。

また、次回作にはスティーヴ・カレルと共演したロバート・ゼメキス監督作『ウェルカム・トゥ・マーウェン』が控えている。

ピックアップ

editeur

検索