メディア個別 既婚者は特に注意! 妻がドン引きするSNSとの付き合い方 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第51回 | 見直してモテ度アップ!40男のNG集

既婚者は特に注意! 妻がドン引きするSNSとの付き合い方

現代人にとって欠かせないコミュニケーションツールとなりつつあるSNS。しかし、家庭を持つ既婚者の場合、使い方を間違えると家族に思わぬ負担をかけてしまうこともあるようだ。結婚してから夫のSNSの使い方に苦しめられてきたという美人妻に、既婚者が気をつけるべきSNSの利用法について語ってもらった。
今回のアドバイザー
Wさん 専業主婦 34歳
3歳と1歳の子供を育てるWさんは、育児雑誌で読モとして登場することがあるほどの美人ママ。7歳年上の旦那様とはカップル時代から変わらぬ仲の良さをキープしている、愛され上手の女性だ。

SNS中毒が招く、おしどり夫婦の家庭不和

基本的には仲睦まじいWさん夫妻。しかし、ご主人のSNSの使い方を巡って、家庭が不穏な空気に包まれることがあるのだそう。

Wさん「主人とは6年前からの付き合いです。4年前に結婚してすぐに長男を授かり、去年次男も出産しました。主人は恋人時代からとても優しくて、それは今も変わりません。2回も出産してオバサンになっちゃった私を、いつもお姫様みたいに大切にしてくれるんです。

でも、つい最近あることが原因で初めてのケンカをしてしまいました。その原因というのが、主人のSNSの使い方についてなんです」

子供や妻の顔までネットに公開するのは、真の子煩悩&愛妻家ならず

優しいご主人との生活に、不満はないはずだった。しかし、ご主人がSNSに熱中しすぎるようになってから、様々な不安がWさんを襲うようになる。

Wさん「とにかく子煩悩で、私のことも大切にしてくれる主人。ちょっと日本人らしくないほど、家族のことを周りの方達にノロケる癖は以前からありました。会話の中で『うちの子が本当に可愛くて…』とか『妻の料理が最高で…』とか言ってるうちはまだ良かったんです。でも、子供が生まれた頃からかな? facebookやInstagramといったSNSにハマってしまってからが大変。子供や私の写真をジャンジャンSNSに上げるようになってしまいました。

子供の写真付きで『歩けるようになりました!』とか投稿すると、たくさんコメントがもらえるらしいんですが…。子供の顔がネット上にさらされるのは防犯上心配ですし、散らかった家の中まで丸見え。それに、私の写真も『妻と旅行。いつも優しい妻に感謝』とか言って事あるごとに載せるので、ついに直接面識のない主人の同僚の方から街で挨拶されるようになってしまったりしたんです」

スマホのシャッター音が、楽しいはずの家族の時間を脅かす

Wさんの頭を悩ませるご主人の行動は、次第にエスカレートしていったという。

Wさん「一緒にいる時にとにかくいつもスマホでカシャカシャ写真を撮り続ける主人が、正直気味悪く感じることもあって…。せっかく楽しく家族で出かけているのに、主人がスマホを取り出すと『これも載せられるの?』って身構えてしまって楽しめなくなっている自分に気づいたんです。

このままだと家族の時間に安心できなくなると感じて、付き合ってから初めて主人に『SNSをやめて』と泣いて訴えました。結局、仕事の付き合いもあるとかでSNSはやめられないんですけど、顔はスタンプなどで消してくれるようになりました」

愛する家族をたくさんの人に自慢したい気持ちがあったとしても、SNSが原因で家族をストレスに晒してしまっては元も子もない。既婚者たるもの、 SNSの場でも常に家族の幸せを第一に考えて行動するよう気をつけよう。

最後にアドバイザーからひと言

「多分、主人の周りの方もこんなにうちの子の写真を見たくないと思うんですよ。SNSのやりすぎは誰も得しないと思います…」

Text by Takumi Arisugawa

editeur

検索