メディア個別 デュア・リパ。Spotifyで最も再生される美貌のシンガー | editeur エディトゥール

editeur

検索
第9回 | 美しく輝く世界のディーバたち

デュア・リパ。Spotifyで最も再生される美貌のシンガー

現在の40〜50代は全盛期のビートルズを見ていない。それでも10代のころによく聴いた洋楽は、やっぱりUKロックだったのではないか。レッド・ツェッペリン、ピンク・フロイド、クイーン、ポリス。FMラジオから流れるUKロックに魅了され、彼らのレコードを買い、そのフレーズをギターでコピーする。それが当時の一般的な音楽少年だったのだ。そのUKシーンが今、再び大きな盛り上がりを見せている。中心にいるのは、抜群のスタイルとエキゾチックな美貌をもつデュア・リパという名の美女だ。

デュア・リパの楽曲は、テイラー・スウィフトやビヨンセよりも多く再生されている

日本でも公開の始まった映画『ボヘミアン・ラプソディ』が大ヒットを記録するなか、イギリスの老舗音楽雑誌『NME』の日本版がウェブに興味深い記事をアップした。それによると、2017年のイギリスの音楽業界は「記録的な1年」になったそうだ。

音楽業界の売り上げは前年より7%伸びて26億ポンド(約3788億円)となり、ローリング・ストーンズやコールドプレイは10億ポンド(約1460億円)ものお金を生み出した。つまりそれだけ多くの人がツアーやフェスに足を運んだということだ。

このうちアルバムや音楽再生で目を見張る数字を残しているのがエド・シーランとデュア・リパのふたりだ。セカンド・アルバム『X(マルティプライ)』で世界一のセールスを記録したエド・シーランは言わずもがな。注目はデュア・リパである。

彼女は世界最大級の音楽ストリーミングサービス「Spotify」の再生数で、2017年にテイラー・スウィフトやビヨンセを抑えて女性アーティスト1位に輝いているのだ。

(C) WENN/amanaimages

ロンドン生まれのコソボ育ち。エキゾチックな美貌をもった注目の女性アーティスト

デュア・リパはロンドン生まれのコソボ育ち。戸籍上はコソボの出身である。彼女が生まれるころ、故郷はコソボ紛争で凄惨を極めていた。そこで両親は一時的にロンドンに移住したのだが、彼女が生まれた後、政情が安定したコソボへと再び戻ったのだ。

エディトゥール世代がそうだったように、デュアもロンドン生まれのためか、幼いころにデヴィッド・ボウイやスティングといったアーティストを聴きながら育ったという。15歳のときにはミュージシャンを志して単身ロンドンへと戻っている。

デビューのきっかけとなったのはYouTubeに投稿したクリスティーナ・アギレラのカバーだが、その音楽にはどこか40〜50代が懐かしさを感じるものがある。じつは、昨年はサマソニへの出演で、今年は単独公演でと、二度の来日もはたしているのだ。

もっとも、デュア・リパのミュージックビデオを見れば、音楽よりむしろ16歳のときからモデルもこなすルックスにくぎ付けになるかもしれない。UKシーンを席巻する音楽性にエキゾチックな美貌。注目しないわけにはいかないのだ。

Text by Dan Oshio
Photo by (C) ZUMA Press/amanaimages(main)
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

動画はこちら
Dua Lipa – Be The One オフィシャルMV

editeur

検索