メディア個別 『ヴェノム』が世界で興行収入900億円を超える大ヒット! | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1278回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

『ヴェノム』が世界で興行収入900億円を超える大ヒット!

『ヴェノム』が世界中で8億ドル(約906億円)を超える興行収入を上げる大ヒットとなっている。トム・ハーディがヴェノムことエディ・ブロック役を演じる同作は、2017年に大ヒットを収めたDCエクステンデッド・ユニバースの『ワンダーウーマン』の記録を塗り替えた。

ヴェノムはマーベル作品の中でスパイダーマンの天敵として登場するキャラクターだが、スクリーンに初登場した『スパイダーマン3』同様にソニー・ピクチャーズによって映画化されている。

スパイダーマンやキャプテン・アメリカほど知られていないものの、今回の映画化にあたっては公開前から大きな話題となっており、全世界においてその期待に応える結果が出たかたちだ。

DC版『アベンジャーズ』とも言えるスーパーヒーロー勢揃い作『ジャスティス・リーグ』を超えるヒットとなっている『ヴェノム』は8憶2200万ドル(約930憶円)の興行成績中、6億1100万ドル(約690憶円)がアメリカ国外の収益であるとボックス・オフィス・モジョは報じている。

世界で8憶2100万ドル(約929憶円)であった『ワンダーウーマン』は全米公開初週の成績が4億1200万ドル(約470憶円)となっており、『ヴェノム』の2億1100万ドル(約240憶円)をまだ上回っている。

内部関係者によれば、『ヴェノム』のクレジットシーンでも登場していたウディ・ハレルソン演じるカーネイジが登場する続編の製作もほぼ決定しているという。

正式な発表はまだ出されていないものの、主演のトムは長年シリーズものに出てみたかったとの意向を表していた。

ピックアップ

editeur

検索