メディア個別 メルセデスAMG A35──これはAMGの新たな入門機か? | editeur エディトゥール

editeur

検索
第65回 | メルセデス・ベンツの最新車デザイン・性能情報をお届け

メルセデスAMG A35──これはAMGの新たな入門機か?

ヨーロッパのCセグメントには、使い勝手のいいコンパクトカーが属するが、走りが魅力のホットハッチがしのぎを削るカテゴリである。代表車種はフォルクスワーゲン『ゴルフGTI』、ルノー『メガーヌR.S.』、BMW『M140i』、アウディ『RS 3』など。メルセデス・ベンツなら、AMGのエントリーモデルとなる『A45 4MATIC』がこのクラスに当てはまるだろう。10月のパリサロンで発表された『A35 4MATIC』は、その『A45』の弟分というべきモデルだ。同時にAMGが新たに展開する「35」シリーズの第一弾でもある。

誰もが操れるAMGの入門モデル。『A45 4マチック』の弟分として登場した『A35』

『A35 4MATIC(4マチック)』は、『Aクラス』に設定される新たなAMGのエントリーモデルとなる。これまでその役割を担ってきた『A45 4マチック』は、2.0L直列4気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載し、最高出力381psのパワーをAMGが開発した4輪駆動システム「4マチック」によって路面に伝える正真正銘のホットハッチだ。

しかし、いくらスポーツモデルといっても、『A45 4マチック』は日常的に使うコンパクトカーとしてはやや過激すぎたのかもしれない。もっと気軽に乗ることのできるAMGモデルはないものか? おそらくそんなニーズに応えようとメルセデス・ベンツが新たに開発したのが『A35 4マチック』であり、新シリーズの「35」なのだろう。

現行の「45」シリーズは『CLAクラス』や『GLAクラス』にも設定され、普段使いしつつ走りも愉しみたいユーザーから多くの支持を得てきた。当然のことながら、新しい「35」シリーズも『CLAクラス』や『GLAクラス』に設定されることになる。

エントリーモデルといっても最高出力は306ps。メカニズムには新技術を豊富に投入

搭載されるエンジンは『A250』の2.0L直列4気筒直噴ガソリンターボエンジン「M260型」をパワーアップしたもの。最高出力306ps、最大トルク400Nmを発揮する。

低排圧ツインスクロールターボや「カムトロニック」と呼ばれる可変バルブコントロール、さらにピストンの摺動部の抵抗を低減するシリンダーホーニングなど、新技術がふんだんに投入され、クランクケースには現行『A45 4マチック』の「M133型」と同じアルミニウムを採用。この強靭かつ軽量な素材は、車重の低減にも寄与している。

そこへ組み合わせるトランスミッションは「AMGスピードシフトDCT 7G」だ。「RACE-START」と名付けられたローンチコントロールを搭載しており、サーキット走行も想定していることがわかる。四輪駆動システムの「AMGパフォーマンス4マチック」は前後のトルク配分を100:0(前輪のみ)から50:50まで無段階に行えるという。

電子制御システムとして「AMGダイナミック セレクト」を搭載し、走行モードは「スリッピー」「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」「インディビデュアル」の5種類から選択可能。フルパワーが体感できる「スポーツ+」もさることながら、滑りやすい路面に対応するストリートモードの「スリッピー」が設定されたのは特筆すべきポイントだ。走行モードに連動してエキゾーストのフラップが開閉し、サウンドの変化も愉しめる。

オプションとなるが、ダンパーにはメルセデス・ベンツの上級モデルでおなじみのアダプティブダンピングシステムを採用。減衰特性を3種類のモードから選ぶことができる。

ひと際目を引くバンパーのカナード。『A35 4マチック』が市販車として初めて装着?

エクステリアでは、ひと目でAMGモデルとわかるフロントグリルのツインルーバー、バンパーのフラップ付きエアインテークが引き締まった精悍なフェイスを演出する。とりわけインパクトがあるのはバンパー横のカナードだ。国産車のカスタムカーではよく見かけるが、市販車の純正パーツとして装着されるのは初めてではないだろうか。

リアにもルーフ後部のノーマルスポイラーにアドオンされるかたちでウイングが追加された。バンパーはエアダクトを両脇に備え、リア下部は大胆なデザインのディフューザーとテールパイプの組み合わる。随所にAMGエアロパッケージが装着されたスタイリングはじつにスポーティ。写真のモデルはイメージカラーのイエローだが、カナード、エプロン、ドアミラー、リアウィングなどはブラックに塗装されている。18インチのAMG専用ホイールもブラックで、巨大なブレーキキャリパーは「AMG」のロゴ入りのシルバーだ。

インテリアはブラックを基調とし、そこへイエローがアクセントカラーとして添えられている。シートはアルティコの人工革張りで、AMGスポーツステアリングを装備。むろん新型『Aクラス』と同様に、最新のインフォテインメントシステム「MBUX」、AIを用いた話題のデジタル・パーソナル・アシスタントも備える。

画期的な「AMGトラックペース」。ハイテク技術でサーキット走行を支援してくれる

「AMGトラックペース」と呼ばれるデータロガー機能にも注目したい。これは「MBUX」の一部を使ってサーキット走行時の加速や速度といったさまざまなデータを集積し、ラップタイムを削るための助けをしてくれるドライビング支援システムのこと。

たとえば、ドライバーがサーキットを走ると、これまでの走行データから基準となる走りを割り出し、それよりも速い場合は「グリーン」、遅い場合は「レッド」と、マルチディスプレイを通じてクルマが教えてくれるのだ。ただし、日本国内のサーキットのデータが「AMGトラックペース」に収録されているかどうかは現時点ではわからない。

『A35 4マチック』は、エントリーモデルというには十分すぎるスペックを秘めている。これまでAMGに乗るのを躊躇っていたドライバーに向けたクルマといってもいいだろう。スポーツモデルで街をさりげなく流したい、しかしたまにはサーキットも走ってみたいというライトなオーナーを掘り起こす一台になるのではないか。『A35 4マチック』の日本での発売時期や価格はまだ不明。ヨーロッパでは2019年1月に発売される予定だ。

Text by Taichi Akasaka
Photo by (C) Daimler AG
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

動画はこちら
Mercedes-AMG A 35 4MATIC オフィシャル動画

editeur

検索