メディア個別 サラ・ミシェル・ゲラー、下着姿の写真投稿を謝罪 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1275回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

サラ・ミシェル・ゲラー、下着姿の写真投稿を謝罪

サラ・ミシェル・ゲラーが、感謝祭に際して下着姿の写真を投稿したことを謝罪した。『バフィー 〜恋する十字架〜』で有名なサラは、インスタグラムに下着姿の写真を複数投稿し、「感謝祭の木曜日に食べ過ぎないように、これらの写真を張っておくかな」と綴っていた。

この投稿を好意的に受け止める人がいる一方で、不健康な食習慣に拍車をかけるとしてサラを批判する人が現れていた。

そのような事態を受けサラは、こう釈明した。「この投稿で『肥満を恥じ』としていると感じた人がいることを知りました。それは私の意図ではありません」「感謝祭が大好きですが、残念なことに欲張ってしまって、気持ち悪くなるほど食べ過ぎてしまいがちです。ですからこれはそうならないようにするための、冗談交じりの自分への戒めだったのです」

さらに夫フレディ・プリンゼ・Jr.との間に2人の子供を持つサラは、「私のユーモアが人たちを傷つけてしまうことになってしまい、大変申し訳なく思っています。私のことを知る人なら、私がどんな理由でも誰かを非難するような意図を持っていないと分かってくれるでしょう。私は皆の味方です」と続けた。

そんなサラは以前、体重に関しては心配したことがないと話していた。

「体重計に左右されて生活するなんてダメ。うちには1つもないわ。体重は変動するものだから、私は信用していない」「数字よりも服が着られるかの方が関心事よ」

ピックアップ

editeur

検索