メディア個別 ケイリー・クオコ、子アザラシを救出 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1273回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

ケイリー・クオコ、子アザラシを救出

ケイリー・クオコが感謝祭の22日(木)に負傷した子アザラシを助けたようだ。『ビッグバン☆セオリー ギークなボクらの恋愛法則』でおなじみのケイリーは動物好きで知られているが、夫カール・クックの両親が所有する海辺の別荘に滞在中、行き場を失い傷ついていたというアザラシを発見し、救出活動をする一部始終を収めた動画をインスタグラムで公開した。

感謝祭に際してケイリーはこう綴った。「私が感謝していることは、義理の両親の美しいビーチハウスでカールと、行き場を見失い傷ついた子アザラシに遭遇したこと。24時間対応の海洋および野生動物ホットラインに電話して、助けを求めたの。ボランティアが向かうと約束してくれたんだけど、感謝祭だからすぐに来てくれるか確信がなかった。数時間後にボランティアの団体が子アザラシの周りでかがみこんでいるのを目にしたわ。本当に助けに来てくれたの!胸がいっぱいになったし、感謝祭の予定を後回しにして助けを必要とする動物の元に駆け付けてくれた慈悲深い人々に本当に感謝してる。これ以上良いことはないわ」

そしてその救出劇の後には、日暮れに家族とペットたちで海辺にいる写真を投稿し、「感謝祭、おめでとう。感謝することがたくさんありすぎてどうしていいか分からないくらい。家族、新しい家族、新しい夫、素晴らしい友人たち、最高の仕事、4本足の子どもたち、そしてこの人生に!」とキャプションを付けている。

ケイリーとカールの動物好きぶりは頻繁に公開されており、最近では突然ウサギを飼い始めたことを明かしてもいた。

その際カールは「ケイリーが目を覚ますと同時に『ウサギを引き取りたい』って言いだした。それでその日の終わりまでには白ウサギが2匹うちに来ていた」と綴り、その後にケイリーが「私が起きてすぐウサギが欲しいと言ったら彼は『じゃあ、行こう』って言ったの。それで出かけて行って今では8匹もウサギがいる。法に触れるんじゃないかってくらいウサギを引き取っているけど、彼はそんな私を完全に応援してくれるの」と続けていた。

ピックアップ

editeur

検索