メディア個別 自分が求める高級イヤホンで想像を超える極上音楽体験を | editeur エディトゥール

editeur

検索
第22回 | 車でスマホで家で「音楽」にこだわるための逸品

自分が求める高級イヤホンで想像を超える極上音楽体験を

自分の好きな音楽を高音質で、高級感あふれるイヤホンで聴きたい。そんな夢を叶えてくれる高級イヤホンだが、特徴やスペックを理解しないで購入したのでは宝の持ち腐れになりかねない。この記事では高級イヤホンの全貌、価格帯別おすすめ商品を紹介する。

高級イヤホンと廉価イヤホンの違いを徹底解説

高級イヤホンと廉価イヤホンの大きな違いは「音質」「周波数帯域の幅」「低音のバランス」「付属機能」の4つ。それぞれ見ていこう。

音質

音質はドライバーユニットの種類、大きさや数によって変わる。廉価イヤホンはドライバーユニットが小さく搭載数も少ないため低音の迫力に欠けるが、高級イヤホンはドライバーユニットが大きく複数搭載しているため高音質を実現できる。

周波数帯域の幅

周波数帯域とは「低音と高音の再現力」をHz(ヘルツ)で数値化したもの。高級イヤホンは廉価イヤホンに比べて幅広い周波数帯域をカバーしているため、廉価イヤホンでは聞こえなかった音も聞くことができる。

低音のバランス

サウンドの優劣には、イヤホンの素材や質・厚み・重さなどが関係している。廉価イヤホンは低音を強調しているものが多いが、音の輪郭がボヤケやすいという特徴がある。一方、高級イヤホンは低音だけでなく高音までバランスよく表現できるため、奥行きと広がりのある音像を提供してくれるのだ。

関連記事:重低音に強いイヤホンはこれだ!選んで間違いない21選

付属機能

付属品や付属機能があるというのも高級イヤホンだけにみられる特徴。専用ケースやケーブル、マイクなどの付属品や手元でボリューム変更や曲の選択ができるなどの付属機能がついている。

関連記事:マイク付きイヤホンの使い方や選び方、オススメをご紹介

高級イヤホンに搭載されている2つの性能   

「リケーブル可能」「ハイレゾ対応」の2つが高級イヤホンだけにみられる性能だ。どのようなメリットがあるのかについて以下の項目で紹介しているので参考にしてほしい。

リケーブルが可能

リケーブルとは、イヤホンについているケーブルを他のケーブルに取り替えること。イヤホンとケーブルの接続部に使用されているMMCX端子を交換することで音質の改善が図れるため、自分好みに調整することができるのだ。

ハイレゾに対応

ハイレゾ(High-Resolution Audio)とは、CDよりもレゾリューション(高解像度)が高いデジタルオーディオのこと。CDがもつ「44.1kHZ,16bit」の3〜6倍の情報量「96kHz,24bit」をもつため「音の太さ・繊細さ・奥行き・圧力・表現力」が桁違いという特徴がある。ライブの臨場感やアーティストの息遣いも感じ取ることができるのだ。

関連記事:ハイレゾ対応イヤホンは結局どれを選ぶ?徹底ガイド

失敗しない高級イヤホンの選び方!知っておくべき基礎知識

一生モノともいえる高級イヤホン選びで失敗したくないのであれば、基礎知識についてしっかりと学んでおかなければならない。この項目では知っておくべき基礎知識について詳しく紹介する。

イヤホンの種類

イヤホンの種類は「カナル型」「インナーイヤー型」「Bluetoothワイヤレス型」「ノイズキャンセリング型」の4つ。それぞれの特徴を理解して、自分の好みに合ったものを選ぶことが大切だ。

カナル型

耳栓のようなイヤーピースを耳の穴に押し込むようにして装着するタイプ。耳栓型とも呼ばれる。現在のイヤホンの主流型であり、小型で遮音性に優れているという特徴がある。

インナーイヤー型

耳介にイヤホン本体を乗せて装着するタイプ。イントラコンカ型とも呼ばれる。カナル型と比べるとサイズはやや大きめ、開放型なので遮音性も悪い。シャカシャカした音漏れがするため、電車内などでの使用には注意が必要。

Bluetoothワイヤレス型

従来のイヤホンとは異なり、「コードがない」というのが最大の特徴。現状では、連続再生時間が短い、認識エラーが出やすい、紛失しやすいなどのデメリットもあるが、近年各メーカーが注力しているタイプなので高性能な製品が増えてきている。

関連記事:ワイヤレスイヤホンのメリットや選ぶポイント、おすすめランキング

ノイズキャンセリング型

スイッチを入れることで周囲の音が消え、音楽だけが聞こえるようになるタイプ。騒音・雑音の音波と正反対の音波をぶつけることで音を消す仕組み。本体内蔵のマイクが周囲の音に合わせて調整してくれるため、音量を上げなくても音楽に集中することができるという特徴がある。

関連記事:ノイズキャンセリングイヤホンで快適な音楽体験を。おすすめはこれだ

チューニング

チューニングとはサウンドの傾向を決めるための調整のことである。「かまぼこ型」「ドンシャリ型」「フラット型」の3種類。イヤホンによってどの周波数帯域を強調しているのかが異なるため、どのチューニングが好みかを知った上で選ぶことが大切。

かまぼこ型

中域を強調、低域と高域を抑えたチューニングのこと。周波数をグラフ化した時にかまぼこにみえることから、この名がついた。クラシックやフォークなどに向く。

ドンシャリ型

低音と高音が強調、中音域を抑えたチューニングのこと。ハードロックやダンスミュージック向きとされる。

フラット型

特定の音域を目立たせるのではなく、各帯域を均一レベルに調整したチューニングのこと。オールジャンル向き。

ドライバーユニットの駆動

ドライバーとは音を出す機構のこと。駆動方式は「ダイナミック型」「バランスド・アーマチュア型」の2つに大別されることが多いが、双方のメリットを併せ持つ「ハイブリッド型」もある。
迫力ある音楽を聴きたい人には低音の再現力に優れているダイナミック型がおすすめ。クリアな音質で音楽を楽しみたい人はサウンドを繊細に表現してくれるバランスドアーマチュア型がおすすめ。

ダイナミック型

磁界の中でボイスコイルに音楽信号を流すことで振動板を振動させて音を出す仕組み。
オーディオスピーカーと同じ構造をしているため「再生周波数帯域が広い」「低音域の再現力が高い」というメリットがあるが、「繊細な表現が苦手」「小型化すると音質が劣化する」というデメリットがある。

バランスド・アーマチュア型

ボイスコイルに電流を流すことでアーマチュア(鉄片)を振動させて、その振動をドライバーロッドの振動板に伝えることで音を出す仕組み。BA型ともいわれる。
中音域〜高音域の再現力は豊かだが、低音域を鳴らすのが苦手。再生周波数帯域が狭く歪みやすいという特徴もある。バランスドアーマチュア型イヤホンはイヤホンだけであり、ヘッドホンは存在しない。

ハイブリッド型

ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型のメリットを併せ持つドライバー方式。中高域の再現力に優れ繊細な音を表現できるが、総じて高価だ。

ハウジングの構造

ハウジングとはイヤホンの最も外側の部位、イヤーチップを除いた本体部分のことをいう。「密閉型」「開放型」「半開放型」の3種類があるが、それぞれ特徴が異なるため自分の好みに合わせて選ぶことが大切だ。それぞれの特徴を押さえておきたい。

密閉型(クローズド)

ハウジングに穴がないタイプ。共鳴箱の役割をするハウジングによって低音が増幅されるため、低音の表現力に優れている。遮音性が高く音漏れも少ないのでインドア・アウトドアを問わず活躍してくれる。

開放型(オープンエアー)

ハウジングに穴が空いているタイプ。iPhoneの純正イヤホンにみられる仕様だ。音が反射することなく耳に届くため音の抜けが良い。スピーカーの音を聞いているかのような広い音場を感じることができる。ただ、ハウジングによる低音の増幅がないため、低音の表現力は密閉型に劣る。遮音性は低く音漏れも大きい。

半開放型(セミオープン)

密閉型と開放型の中間タイプ。密閉型が持つ音の増幅能力と開放型の特性を併せ持つが、遮音性は低い。セミオープンではなく、オープン型と記載しているメーカーも多い。

ドライバーユニットの性能

ドライバーユニットの性能は「ドライバーユニットの数」「ドライバーの口径」「ボイスコイルの材質」によって変わる。それぞれにどのような特徴があるのかを理解しておくことが大切。

ドライバーユニットの数

廉価なイヤホンはドライバーユニットを1基搭載していることが多いが、高級イヤホンは複数搭載している。マルチドライバーにすることで超低域〜超高域のワイドレンジの音を表現できるようになるため高音質で音楽を楽しめるのだ。

ドライバーの口径

一般的なドライバー口径は30〜53mm前後。ダイナミック型において音質は振動板の大きさに比例するため、ドライバー口径の大きさも考慮する必要がある。

ボイスコイルの材質

ボイスコイルの材質によっても音質は変わってくる。
一般的に採用されている銅線ではなく、PCOCCやHi-OFCなどの高純度銅線を使用しているものを選ぶとより良い音質で音楽を楽しめる。

高級なイヤホンのメリット

高級イヤホンのメリットとしては、プラグ交換が可能なこと、高音質であることがあげられるだろう。

プラグ交換が可能

高級イヤホンはプラグ交換ができる製品が多いため、長期使用などで断線した場合でもパーツを交換すれば再度使用することができる。
しかし、安価なイヤホンはプラグ交換に対応していないためイヤホン本体を買い換える必要がある。

高音質

安価なイヤホンと聴き比べれば一目瞭然。価格は高価であるが、価格に見合う音質を堪能できる。音楽を体験したいと考えている方は、まさに音楽体験というものに出会えるであろう。

高級なイヤホンのデメリット 

高級なイヤホンのデメリットといえるのが費用面。本体価格だけでなく修理費用などにも目を向けておかなければならない。逆に言えば、費用面が気にならないのであれば高級イヤホンを手にしない理由はない。ただ念の為、以下のデメリットは頭に置いておいてほしい。

高額

素晴らしい音質を提供してくれるものの、最近では10万円を超える商品も多い。一概に、価格が高いほどよい商品とは言えないため、様々な商品を試して最適なものを見つけることをおすすめする。

修理費用が高額になりがち

本体価格だけでなく、修理代も高額であることが多い。壊れたからといって気軽に買い換えられる値段ではないため、故障した場合のケアなどについても調べておくことが大切。

価格帯別おすすめイヤホンを紹介!

高級という定義は人によって異なるが、価格帯別にオススメのイヤホンを紹介する。最適なものを見つけることができれば、オーディオライフがより一層素敵なものになるだろう。

3万円以下

3万円以下でおすすめの商品は以下の4つ。それぞれの特徴をみていこう。

BOSE 「SoundSport Free wireless headphones」

BOSE初の完全ワイヤレスイヤホン「SoundSport Free wireless headphones」。StayHear+Sportチップと独自のウィングが快適なつけ心地・装着感を提供してくれる。1回の充電で最大5時間、フル充電することで約10時間の再生が可能。

RHA 「T20」

DualCoilダイナミックドライバーを採用したフラッグシップモデルが「T20」。チューニングフィルターシステムを搭載しており自分の好みに音をカスタマイズすることができる。オーバーフックは可変タイプで付け心地も抜群、ノイズアイソレーションも優れている。

Ultimate Ears 「UE900s」

フラッグシップモデル「UE900」を進化させたモデルが「UE900s」。前作からバスチューブと4基のドライバーの配置を変更することでバランスのとれたサウンドを表現できるようになった。着脱式のMMCXコネクターをケーブルに使用しているため、リケーブルにも対応。

形式:バランスド・アーマチュア クアッドドライバー
周波数特性:20Hz〜20kHz
インピーダンス:30Ω

qdc 「NEPTUNE」

音質だけでなく視覚にもこだわって制作されたのが「NEPTUNE」。フェイスプレートには雲母(マイカ)の装飾を用いている。バランスドアーマチュアドライバーは1基しか搭載していないが、他のドライバーからの干渉を受けないため自然な周波数特性を生み出すことが可能となった。

形式:バランスド・アーマチュア型
周波数特性:20Hz〜20kHz
インピーダンス:10Ω

4万円台

4万円台でおすすめの商品は以下の3つ。それぞれの特徴をみていこう。

audio-technica 「ATH-LS400」

4基の高精度ドライバーを搭載したクアッドBAヘッドホン「ATH-LS400」。広域×1、中域×1、低域×2の4基のドライバーが解像度・臨場感に優れるサウンドを表現。コードはワイヤー入りなので、自分の耳の形に合わせてストレスフリーで音楽を楽しめる。

形式:バランスド・アーマチュア型
再生周波数帯域:15Hz〜20kHz
インピーダンス:20Ω

Klipsch 「X20i」

「X10」のコンセプトやスタイルを継承しつつ、ハイレゾにも対応したモデルが「X20i」。ドライバーがスーパーツーイーターとフルレンジの2基構成になっているので、より高域特性に優れた音質を楽しむことができる。SSMCXコネクタを採用しているのでケーブル交換にも対応。

周波数特性:5Hz〜40kHz
インピーダンス:50Ω

SONY 「MDR-EX1000」

大口径16mmダイナミックドライバーを採用したことで、低音から高音までバランスよくクリアなサウンドを表現。装着安定性に優れるフレキシブルイヤーハンガー、イヤーピースも7種類付属しているので自分の耳の形状に合ったものを選ぶこともできる。

形式:密閉ダイナミック型
ドライバー:16mm、ドーム型CCAW
再生周波数帯域:3Hz〜30kHz
インピーダンス:32Ω

5万円台

5万円台でおすすめの商品は以下の3つ。それぞれの特徴をみていこう。

FENDER 「FXA7-GOLD」

ダイナミックドライバー1基とバランスド・アーマチュア型2基を採用したフラッグシップモデル「FXA7-GOLD」。定位感・音像ともに優れているので、コンサートホールで聴いているかのようなサウンドを堪能できる。

形式:ハイブリッド型
再生周波数帯域:6Hz〜24kHz
インピーダンス:16Ω

SHURE 「SE535-LTD Special Edition」

SE535に特別なチューニングを施した限定モデルが「SE535 Spechial Edition」。前作と比べて高域の伸びがあり、解像度が格段に高くなっている。ケーブルも着脱式なので細かい音質の調整も可能。

再生周波数帯域:18Hz〜19.5kHz
インピーダンス:36Ω

SONY 「XBA-Z5」

ソニーが独自に開発したHDハイブリッド3wayドライバーを搭載しており、全帯域でハイレゾの音源を堪能できる。アジャストフリーイヤーハンガーが快適な装着性を、シリコンフォームイヤーピースが抜群の遮音性を提供してくれる。

形式:密閉ハイブリッド
再生周波数帯域:3Hz〜40kHz
インピーダンス:32Ω

6万円台

6万円台でおすすめの商品は以下の2つ。それぞれの特徴をみていこう。

AUDEZE 「平面駆動型イヤホン iSINE 20」

世界初となる平面駆動形インイヤーイヤホン「iSINE 20」。大口径30mmのドライバーを採用しているため、歪みが少ないクリアな音を高音質で楽しむことができる。Cipher Lightningケーブルが付属しているので、iPadやiPhoneでも使用可能だ。

形式:平面駆動式、インイヤー型
再生周波数帯域:10Hz〜50kHz
インピーダンス:24Ω

Unique Melody 「MACBETH II Classic」

ハンドメイドで作り上げられており、同じデザインは2つとしてないのが「MACBETH II Classic」。金属製の音導管やポートチューニングを採用することで初代モデル「MACBETH」よりも高音質なサウンドを実現している。また、小型化が図られたことでフィット感も抜群に向上した。

形式:バランスド・アーマチュア型
ドライバー:非公開
再生周波数帯域:20Hz〜20kHz
インピーダンス:104Ω

7万円台

7万円台でおすすめの商品は以下の2つ。それぞれの特徴をみていこう。

Noble Audio 「Noble Audio Sage」

Noble Audio社が独自に開発したNobleドライバーを2基搭載したモデルが「Noble Audio Sage」。帯域バランスに優れているので、digital audio playerやスマートホンだけでの使用でも高音質を堪能することができる。

形式:バランスド・アーマチュア型

音茶楽 「Donguri-楓(KAEDE)」

音茶楽の技術とオークヴィレッジの匠の技がコラボしたモデルの第3弾「Donguri-楓(KAEDE)」。液晶ポリマーをトルネード・イコライザーの材質として採用しているので音の余韻をより楽しむことができる。

形式:ダイナミック型
ドライバー:10mm
再生周波数帯域:5Hz〜40kHz
インピーダンス:18Ω

8〜9万円台

8〜9万円台でおすすめの商品は以下の2つ。それぞれの特徴をみていこう。

AKG 「N5005」

AKG Nシリーズのフラッグシップモデルが「N5005」。
低音域用の9.2mmダイナミックドライバー1基と中高音域用のバランスド・アーマチュアドライバ4基を搭載している。MMCX端子を採用しているのでリケーブルにも対応。音質の変化を楽しむことも可能だ。

インピーダンス:9Ω
連続再生時間:8時間

SHURE 「SE846」

4基の高精度ドライバーを搭載しており、クリアなサウンドと圧倒的な低音域を楽しめる。
ノズルインサートを変更することで中高域のサウンドをカスタマイズすることも可能だ。ケーブルは着脱式なので、メンテナンス・アップグレードにも対応。

再生周波数帯域:15Hz〜20kHz
インピーダンス:9Ω

10万円以上

10万円以上でおすすめの商品は以下の4つ。

AKG 「K3003」

3wayハイブリッドテクノロジーを採用したカナルイヤホンのフラッグシップモデル「AKG K3003」。コンパクトなボディでありながらも最先端技術を惜しみなく投入しているため高級大型ヘッドホンに引けを取らない上質なサウンドを堪能できる。

再生周波数帯域:10Hz〜30kHz
インピーダンス:8Ω

Campfire Audio 「VEGA 」

流体金属のハウジングに採用、ADLC(非結晶カーボン)をドライバーに搭載した世界初のイヤホン「VEGA」。イヤホン本体の余計な響きが極力抑えられているので、楽器の音色や響きをダイレクトに感じることができる。

FENDER 「GXA11 タングステン」

ハイブリッドテクノロジーを採用したハイエンドモデル「GXA11 タングステン」。ハイブリッド向けに新しく開発された5つのドライバーが臨場感あふれるサウンドを表現してくれる。ケーブルは2-Pinコネクターを採用しているため、壊れにくい。

形式:ハイブリッド型
再生周波数帯域:8Hz〜22kHz
インピーダンス:43Ω

SENNHEISER 「IE 800 S」

IE800をベースに再設計し直したのが「IE 800 S」。ゼンハイザーが独自に開発したエクストラワイドバンドドライバーの改良版を使用することで、コンパクトなボディからは想像つかない正確無比な至高のサウンドを楽しむことができる。

形式:ダイナミック、カナル型
再生周波数帯域:8Hz〜41kHz、5Hz〜46.5kHz
インピーダンス:16Ω

editeur

検索