メディア個別 ハロウィンコスから普段着まで。「彼女のファッションに口出し」は絶対NG? | editeur エディトゥール

editeur

検索
第50回 | 見直してモテ度アップ!40男のNG集

ハロウィンコスから普段着まで。「彼女のファッションに口出し」は絶対NG?

彼女がデートにオシャレをして来ると「俺のためにキレイにしてきてくれたんだね」と思う男性もいるだろう。しかし、20代の女性に言わせるとこれは大きな勘違い。ファッションはあくまでも自分が好きな格好をしているだけであって、彼氏であっても口出しはタブーと考える女性は意外に多いのだ。今回は、そんな「彼氏からのファッションチェック」に辟易して別れを選んだという20代美女に、実体験を語ってもらった。
今回のアドバイザー
Eさん イベントコンパニオン 22歳
美人コンパニオンとして、様々なイベント会場で場を盛り上げるEさん。趣味はアニメ鑑賞とコスプレ。仕事で変わった衣装を着るのが楽しみだという。

オシャレ女子から嫌われる、彼氏になったとたん口うるさくなる男

「釣った魚に餌はやらない」という言葉はあるが、彼氏からの過干渉によって愛情が激減するパターンもある。特に、ファッションへの口出しは、オシャレ好きな女性の気持ちを一気に冷めさせてしまう危険性がある。

Eさん「これまで5,6人の男性と付き合ってきましたが、付き合う前と後で態度が変わる人が多くて悩んでます。特に、ファッションについて厳しくなる人が多いんですよ。

私はイベントコンパニオンというお仕事柄、結構露出度の高い衣装を着ることが多いんですけど…。付き合う前には『すごく似合うね』『可愛いね』って褒めてくれてたのに、彼氏になると露出度の高い服を着ることにイヤな顔をする人がほとんどですね。

特に厳しく口出ししてくるのは、年上の男性。去年ちょっとだけ付き合ってたアラフォーの彼氏とは、そのせいですぐに別れちゃいました」

「付き合う前の褒め言葉は嘘?」 唐突な不機嫌は女性に不信感を与える

女性を失望させてしまうのは、ファッションチェックの中身よりも、急に手のひら返しをしてくる男性の態度そのものだ。

Eさん「彼とは合コンで知り合いました。私が仕事で参加するイベントを教えたら、ちょうどお客さんとして来る用事があったみたいで、合コンの何日かあとに会場で会う約束をしたんです。

その時の私はレースクイーンみたいな格好をしていたんですけど、『会場で一番可愛い!』って喜んでくれて…。そこから仲良くなって、2〜~3回デートしてから付き合うことになりました。

でも、付き合って1ヶ月くらいたった頃かな? 『今日はこの服着たんだ〜』って衣装を着た写真をLINEしたら、いつもすぐに褒めてくれてたのに返信が来なかったんです。夜になって電話をしたら、すごく不機嫌。どうして怒ってるのか分からなくて困っていたら、『そんな格好ばっかりさせられる仕事、いい加減やめたら?』ってガチャ切りされちゃたんですよね」

ファッションチェックが癖になっている人は、束縛男になっていないか要注意

ファッションへの口出しが過熱しすぎると、彼女の行動自体を束縛することにもなりかねない。

Eさん「仕事以外にも、私はコミケとかでコスプレイヤーとしても活動してるんです。アニメのキャラって、正直イベントコンパニオンの衣装なんか目じゃないくらい露出度が高いんですよ。彼はやっぱりそれも気に食わなかったのか、『俺と付き合ってるんだったらコミケは行くな』って言ってきました。

彼に嫌われたくなかったので結局コミケに行くのは諦めたんですけど、彼の束縛はそれだけじゃ済まなかったんです。ハロウィンパーティーで小悪魔のコスをする予定だったのに、彼に禁止されて黒いシーツみたいな魔女の格好をさせられて全然楽しくなかったし、私服の時もちょっと露出度が高い服を着ると、ムスッとして黙っちゃう。そういう態度に嫌気がさしたので、別れることにしました。

彼女が露出度が高い服を着るのがイヤっていう気持ちは、分からないでもないんです。でも、着るのを禁止したり、不機嫌になってコントロールしようとするのは最悪。『俺以外の男の人に見せたくない』とか優しい言い方をしてくれたら、こっちだって『彼のためにやめようかな?』という気になるかもしれないですけどね」

女性にとって、オシャレは大切な自己表現。嫉妬でファッションを縛ってしまっては、息苦しさを与えてしまうのは当然だ。どうしても彼女のファッションを許容できないときは、くれぐれも高圧的にならないよう、優しくお願いしてみよう。

最後にアドバイザーからひと言

「オシャレって、彼氏のためにするものじゃないんです。自分がカワイイと思う格好をしているので、基本的には口を出さないでほしいっていうのが本音ですね」

Text by Takumi Arisugawa

editeur

検索