メディア個別 量産型EVイートロン──アウディの電動化攻勢が始まった | editeur エディトゥール

editeur

検索
第35回 | アウディの最新車デザイン・性能情報をお届け

量産型EVイートロン──アウディの電動化攻勢が始まった

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。次世代のパワートレインの最有力候補が電気とモーターである。つまり、EV(電気自動車)がガソリン車に比肩する時代が来るかもしれないのだ。すでに、欧州メーカーを筆頭に各社がEVに力を入れ始めるなか、ついにアウディも本格的に電動化攻勢を始めた。2025年までに全世界の主要市場において、12種類の電気自動車を発売し、総販売台数の約3分の1を電動モデルにするという。その口火を切るのが『e-tron(イートロン)』だ。

「EVは使い勝手が悪い」は過去の話。『e-tron』は1回の充電で400km以上を走る

『e-tron』は、アウディ初となる量産EVである。EVと聞くと、「先進的ではあるが、現実の使い勝手は悪い」といった思い込みがあるかもしれないが、『e-tron』はいっさいの妥協なしにドライビングを愉しめるという。その自信の表れのひとつが、走行距離だ。

最大95kWhのエネルギー容量を備える高電圧バッテリーと革新的な回生システムを搭載することにより、1回の充電で400km以上の走行を実現した(WLTP=国際調和排ガス・燃費試験方法)。具体的には、アクセルペダルから足を離したコースティング時とブレーキペダルを踏んだ制動時の2種類で電気を発生させる仕組み。回生されたエネルギーによる航続距離への貢献は最大30%に及ぶ。

走行距離の延長は、回生ブレーキだけがもたらすものではない。大きく寄与したのが空力へのこだわりだ。ドアミラーを廃してカメラに置き換えたバーチャルエクステリアミラーやアンダーボディ全体を覆うアルミニウムプレート、調整式冷却エアインテークの採用により空気抵抗係数を軽減。1回の充電あたり約40km航続距離を延長する効果を得た。

現時点のプレスリリースでは充電時間に触れていないが、『e-tron』は市販車として初めて、最大150kWの直流(DC)充電器での急速充電に対応している。それにより、長距離ドライブの途中でも、約30分で次の目的地に出発することができるとしている。

『e-tron』の先進安全技術は、フラッグシップセダンの『A8』にも匹敵する充実ぶり

EVとしての性能の高さも重要だが、それによってクルマ本来のドライビングエクスペリエンスや快適性が損なわれると本末転倒である。もちろん、『e-tron』はその部分においても抜かりがない。

システム出力(ブーストモード時)は最大300kW、トルクは664Nmに達する。EVの動力であるモーターの出力特性から、駆動トルクは一瞬で最大値に到達。力強くクルマを推し進めてくれる。数値で示せば、0〜100km/hの加速は5.7秒だ。ちなみに、最高速度は電子制御リミッターによって制限され、200km/hに抑えられた。

アウディの代名詞である「quattro(クアトロ)」はEVでも健在だ。電動4輪駆動システムは、アウディいわく「新しいquattro世代の幕開け」だという。滑りやすい路面や高速コーナリング中にスリップが発生したり、車両がアンダーステア状態になったりする挙動を予測して、主にリヤに搭載された電気モーターが作動し、必要に応じてフロントアクスルにトルクを伝達してくれる。

乗り味は「アウディ ドライブセレクト」で選択が可能だ。運転状況、路面状況、個人の好みに応じて、7種類のプロファイルから選択することができる。これは、標準装備される自動車高調整機能付きアダプティブ エアサスペンションとも連動し、スムーズで快適な乗り心地から、スポーティで安定したハンドリングまで、幅広く車両特性を変化させることができるようになった。特にエアスプリングは、速度やドライバーの好み、さらに路面の状態に合わせて個別に調整され、車高が最大で76mm変化する。

先進安全技術は最大5基のレーダーセンサー、6台のカメラ、12個の超音波センサー、1基のレーザースキャナーから情報を得る。『A8』や『A7』と比肩する充実ぶりだ。

エクステリアはアウディらしさを受け継ぎつつ、EVの先進性を感じさせるデザイン

ボディは全長4901 mm×全幅1935 mm×全高1616mmのフルサイズSUVで、広々としたスペースと高い快適性を得られる室内が特長だ。ラゲージ容量は660Lあり、長距離のドライブ旅行でも不満を感じることはないだろう。

運転席はドライバー中心に考えられている。2つの大型「MMIタッチレスポンス ディスプレイ」を設置し、従来のほぼすべてのスイッチ類はディスプレイに置き換えられた。また、多くの機能は日常会話に対応するボイスコントロールシステムによって操作可能だ。

エクステリアにも触れておこう。アウディのデザインアイコンである垂直のストラットを備えた八角形のシングルフレームグリルを採用しているが、このクルマが電気自動車であることを示すプラチナグレーのフレームが装着された。

マトリクスLEDヘッドライトの下端には、デイタイムランニングライトとして機能する4本の水平ストラットが設置され、『e-tron』ならではの雰囲気を生み出している。

LAオートショーではポルシェと協力開発した『e-tron GT concept』にも刮目せよ

アウディAGの技術開発担当取締役をつとめるペーター・メルテンス氏は、「Audi e-tronは、私たちの電動化戦略の出発点として、間違いなくアウディ史におけるハイライトとなるクルマです」と評した。欧州のオーナーへの最初の納車は、2018年後半に予定されている。ドイツにおけるベース価格は7万9900ユーロ(約1021万円)。

2018年末には、LAオートショーでポルシェと協力開発したコンセプトモデル『e-tron GT concept』も発表される予定だ。今後続々と発表されるであろう、アウディの電動化モデル。その方向性を示す『e-tron』は通常の新型車以上に注目を集めることになるだろう。

Text by Tsukasa Sasabayashi
Photo by (C) AUDI AG.
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

動画はこちら
Audi e-tron オフィシャル動画

editeur

検索