メディア個別 日本刀というよりランボーナイフ──スズキKATANAが復活 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第52回 | 大人ライダー向けのバイク

日本刀というよりランボーナイフ──スズキKATANAが復活

バイクのニューモデル情報をウォッチしている大人ライダーなら、これを見たとき「すごいっ!」と声が出たに違いない。オークションサイトではもはや神格化されてしまっているスズキの名車、“カタナ”こと『GSX1100S KATANA』が38年のときを超え、新型『KATANA』としてケルンの地に降臨したのだ。1980年の「ケルンの衝撃」の再来である。

ケルンの衝撃と報じられた初代「カタナ」。逆輸入という言葉を広めた伝説のバイク

プロトタイプの『GSX1100S KATANA』がベールを脱いだのは1980年、ドイツの大都市ケルンで開催されたモーターショーでのこと。「カタナ」という名前のとおり、「日本刀」をモチーフとする先鋭的なフォルムと高い基本性能を持っていた。「カタナ」の登場は大きな反響を呼び、当時のバイク専門誌で「ケルンの衝撃」と報じられたのだ。

翌年、ヨーロッパ向けに輸出が開始されるや大ブームを巻き起こしたが、国内では二輪排気量上限(750cc)の自主規制があったために発売されず、どうしても乗りたいライダーは逆輸入で手に入れるしかなかった。つまり外国へ輸出した車両を、業者を通じて再び輸入したのである。逆輸入という言葉が一般的になったのは「カタナ」の存在が大きい。

国内の二輪排気量上限自主規制の撤廃を受けて、ようやく日本での販売が始まったのは、それから10年あまり後の1994年3月のことだ。以降、さまざまな伝説やエピソードを生み、幾度かのモデルチェンジを経たのち、2000年に生産を終了した。同年に1100台が限定発売された「ファイナルエディション」は、全台が即完売している。

その「カタナ」が復活する。新型『KATANA』を発表する地に選ばれたのは、やはりドイツのケルン。むろん往時の『GSX1100S KATANA』を原点とするニューモデルだ。

本家スズキを動かしたバイク専門誌のカスタマイズコンセプトモデル『カタナ3.0』

じつは、新型『KATANA』が誕生したきっかけは、昨年のEICMA(ミラノ国際モーターサイクルショー)で披露された『カタナ3.0』にあるという。『カタナ3.0』は、イタリアのバイク専門誌『MOTOCICLSMO(モトチクリスモ)』が企画し、スズキ『GSX-S1000F』をベースにしたカスタマイズコンセプトで、同誌のブースに展示された車両だ。

メディアの企画といっても、著名デザイナーやメーカーでプロトタイプを製作する技術者を巻き込んだカスタマイズは手が込んでおり、カウルやタンク、シートをすべて新しく作った非常に高いレベルのモデルだった。つまり『カタナ』の熱烈なファンが、本格的な技術者とともに、現代的な解釈を盛り込んだデザインのニューモデルを完成させたのである。この『カタナ3.0』の反響はとても大きく、ついに本家が動くことになったわけだ。

新型『KATANA』は『GSX1100S KATANA』を現代風にアレンジした独自のデザインをもつ。シャープで大胆なラインをあしらい、流線型のスタイリングを採用する。印象的なのは、長方形の縦型2灯LEDヘッドライトを格納するフロントカウルだ。LEDポジションランプは日本刀の切っ先をモチーフにし、「カタナ」らしい顔つきとなっている。

また、スズキのバイクとして初めてスイングアームマウントリヤフェンダーを採用し、リヤウィンカーとナンバープレートホルダーを下部に配置することで凝縮感のあるデザインを実現している。すっきりとしたリア周り、ショートテールスタイリングは好感がもてる。

新型『KATANA』は2019年春からヨーロッパで販売開始。日本国内での発売は未定

パワートレインは、スズキのストリートロードスポーツシリーズの最高峰である『GSX-S 1000』がベース。改良された999ccの水冷4サイクル直列4気筒エンジンは、最高出力110kw(147.5hp)/10000rpm、最大トルク108N・m/9500rpmを発揮する。

さらに、3段階から選択可能なトラクションコントロール、ABS、倒立フロントフォーク、ブレンボ社製のラジアルマウント・フロントブレーキキャリパーなどを装備した。

さて、国内の「カタナ」ファンはどう感じたであろうか。筆者の第一印象は、「日本刀」というより「ランボーナイフ」。初代はたしかに細身の日本刀のイメージだったが、新型は背にワイヤーを引き切るノコギリの刃がついたサバイバルナイフを思い起こさせる。

新型『KATANA』はスズキの浜松工場で生産され、2019年春からヨーロッパを中心に販売が開始される予定だという。国内で発売されるかどうかは未定。価格も未発表だ。

Text by Katsutoshi Miyamoto
Photo by (C) SUZUKI MOTOR CORPORATION.
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

editeur

検索