メディア個別 『ブラックパンサー』、ハリウッド映画賞を受賞へ | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1202回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

『ブラックパンサー』、ハリウッド映画賞を受賞へ

ライアン・クーグラー監督作『ブラックパンサー』にハリウッド映画賞が授与されるようだ。チャドウィック・ボーズマン、マイケル・B・ジョーダン、ルピタ・ニョンゴら豪華キャストを取り揃えた同マーベル作は、今月4日に開催される授賞式で同賞の栄誉に預かるという。

主催者側はプレスリリースの中で、「『ブラックパンサー』は、境界線を取り除き、運動を起こし、タイム誌の表紙を飾るなど文化的現象になりました。『ブラックパンサー』は公開直後から大勢の観客を動員し、製作の立場に関係なく多様性などを示し、世界での興行収入で成功を収めました」と黒人キャストを多く起用した同作への賛辞を送っている。

また今回のニュースの前には、続編でもクーグラーが監督を続投することが報じられていた。製作時期に関してはまだ不明なものの、クーグラーとマーベルは続編での再タッグに乗り気だそうで、関係者によると、クーグラーが来年にも脚本を執筆し、2019年後半か2020年初めには製作が始まる見込みだという。

ピックアップ

editeur

検索