メディア個別 21歳でビリオネアになった美女──カイリー・ジェンナー | editeur エディトゥール

editeur

検索
第13回 | 世間を騒がせるゴージャスセレブ

21歳でビリオネアになった美女──カイリー・ジェンナー

ITビジネスの隆盛によって若き成功者はめずらしくなくなった。しかし、特にスキルを持たない21歳の女の子が、短期間で1000億円以上の資産を築き上げたケースはかなりレアなのではないか。それを成し遂げたのがカイリー・ジェンナーである。

「資産9億ドルを持つコスメの女王」として有名経済誌の表紙に登場したカイリー

弱冠21歳のカイリー・ジェンナーが経済誌『フォーブス』の表紙を飾った。これはセレブとしての知名度や話題性で起用されたのではない。「$900 MILLION COSMETIC QUEEN(資産9億ドルを持つコスメの女王)」、つまりコスメブランドの成功により莫大な資産を築き上げたビジネスパーソンとして、堂々の表紙登場をはたしたのである。

カイリーは『フォーブス』の「self-made billionaire」というランキングでも27位にランクインしている。この「self-made(セルフメイド)」とは、「親の財産を相続せずに、自分の力で億万長者になった人」といった意味。いわば「叩き上げの成功者」だ。

とはいえ、カイリーはカーダシアンファミリーというスーパーセレブな家系に育ち、幼少のからリアリティ番組に出演してきた。常に注目を集めてきた彼女の「財産」は、はたして「自力」で築いたものなのだろうか。そんな論争も巻き起こっているほどである。

彼女はカーダシアン一家の末っ子的存在で、異父姉弟にコートニー、キム、クロエ、ロバートがいる。父親は以前、性同一障害を告白して話題となったブルース(ケイトリン)・ジェンナー、2歳年上の姉はスーパーモデルとして活躍するケンダル・ジェンナーだ。

この複雑な家族が繰り広げる日常をドキュメントしたリアリティ番組『KEEPING UP WITH THE KARDASHIANS(カーダシアン家のお騒がせセレブライフ)』は、2007年の放送開始以来、圧倒的な人気を集め、カイリーの存在も世界中に知れ渡っている。

カイリーは姉のケンダルとともに高校のチアリーディング部に打ち込んだり、ケイティ・ペリーの曲に合わせたリップシンクビデオに出演したりしたが、特にこれといった本業があるわけでもなく、その肩書は「セレブ」としか表現できないものだった。だとすると、なぜ彼女は21歳の若さでビリオネア(資産1000億円以上)になることができたのか。

(C) PA Photos/amanaimages

カイリー・ジェンナーが運営するコスメブランドは年間売上高420億円を誇る大企業

カイリーが存在感を発揮し始めたのは、2012年に姉のケンダルとともにファッションブランド「Kendall&Kylie(ケンダル&カイリー)」を立ち上げたころのことだ。

さらに2014年には、自らの名前を冠したリップコスメライン「Kylie Lip Kits(カイリー・リップ・キット)」をローンチする。この「Kylie Lip Kits」は発表直後からブランドの全ラインナップが売り切れるという驚異的なスタートを切り、2015年にはより総合的なコスメブランド「Kylie Cosmetics(カイリー・コスメティックス)」に改称した。

その結果、ブランドは2017年度に3億8600万ドル(約420億円)の収益を上げる大企業へと成長。カイリーは「Kylie Cosmetics」の全株式を保有しており、その資産価値を含めた叩き上げの億万長者として「self-made billionaire」にランクインしたのだ。

カイリーのビジネスの源泉は、彼女自身の圧倒的な知名度にある。インスタグラムのフォロワーは1億1700万人。ひとつの投稿で1億円を稼ぎ出すといわれ、SNSでもっとも稼ぐセレブランキングの1位に輝いたとこともある。カイリーのSNSからフォロワーたちが目を離せないのは、そこに派手な日常生活や最先端のファッションがあること、そしてもうひとつ、彼女が巻き起こす予測のつかない恋愛スキャンダルが見られるからだ。

カイリーにはティーンエイジャーのころからさまざまな恋の噂が囁かれてきた。たとえばウィル・スミスの長男ジェイデン・スミス、ライオネル・リッチーの息子であるマイルス・リッチー、さらにジャスティン・ビーバーとの交際が浮上したこともあった。

とりわけ8歳年上のラッパー、タイガとの交際では、破局と復縁を繰り返すなどメディアに派手なゴシップを提供する。3年前のカイリーの誕生日には、タイガから車両価格4000万円のフェラーリをプレゼントされたことが大きな話題となった。

(C) WENN/amanaimages

カイリーはセレブの血筋と美貌、ビジネスの成功に加え、母というカードも手に入れた

カイリーの私生活に大きな変化が起きたのは今年2月のことだ。当時20歳だった彼女が突如、女児を出産したことをサプライズ報告したのである。

妊娠すら公表していなかったため、この突然の出産劇にメディアやフォロワーは騒然となった。同時にマタニティ姿を巧妙に隠し通したテクニックにも注目が集まった。当然のことながら「父親は誰だ?」という疑問が浮上するが、これについては2017年ごろから交際していたラッパーのトラヴィスが父親と発表された。ただし結婚はしていない。

子どもは「ストーミ(Stormi)」と名づけられ、まだ0歳児だというのに、華麗かつお騒がせなカーダシアン一家の新たなメンバーとして早くも大きな注目を集めている。

セレブ一家の血筋と美貌、多くのSNSのフォロワー、そしてビジネスにおける名声と莫大な資産。すでに多くのものを手に入れているカイリーだが、子どもを持ったことにより、そこへ母という強力なカードも新たに加わった。自信に満ち溢れた彼女の姿は新たな時代の象徴となり、単なるセレブを超えた未知の領域に踏み込もうとしている。

Text by Kiyoshiro Somari
Photo by (C) INF/amanaimages(main)
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

editeur

検索