メディア個別 ジェームズ・マカヴォイ、ホリデー計画中に危うく詐欺被害!? | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1185回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

ジェームズ・マカヴォイ、ホリデー計画中に危うく詐欺被害!?

ジェームズ・マカヴォイが危うく1万ポンド(約140万円)を騙し取られるところであったと明かした。離婚手続き中の妻アンヌ=マリー・ダフとの間に8歳の息子を持つジェームズは、家族旅行でスペインのアバマにあるザ・リッツ・カールトンを予約しようとしたところ、偽サイトに騙されそうになったのだという。

ジェームズは注意喚起を目的としたインスタグラムへの動画の中で、その偽サイトが本物よりも良くできたサイトであると指摘し、「このサイトを使わないように。危うく1万も騙し取られるとこだった。大金だよ。ホアキンって名の人とメールのやり取りをして、危うく振込までするところだった。すごく本物っぽかったんだ」「そのサイトはザ・リッツ・カールトンの公式サイトよりもむしろ良くできてるんだ。だから本物だと思ってしまうよ。電話番号とか全て掲載されてる。とにかく説得力があるんだ」と説明した。

そしてその後に投稿された動画の中で、予約申し込み書を記入し、パスポートの写真を送付した後、銀行振り込みをするように言われたとして、「それは過去にもやったことがあることだし、まともなことに感じる」「それにクレジットカードや小切手より銀行振込というほうが安全な方法にも感じる。それに銀行振込にすれば10パーセントオフにもなるって。またここで乗り気にさせられるってわけ」と続けたが、あまりにも「話がうますぎる」と感じたことで再度確認することにしたとして「旅行代理店に確認してみたら、通常の10分の1の価格だったってわけ。だからその旅行には行かないよ!」と締めくくった。

この件に関してジェームズはホテル側にも連絡したそうだ。

ピックアップ

editeur

検索