メディア個別 ピクサー共同設立者エド・キャットマル氏引退表明 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1168回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

ピクサー共同設立者エド・キャットマル氏引退表明

ピクサーの共同設立者であるエド・キャットマル氏(73)が引退を表明した。「トイ・ストーリー」シリーズや『Mr. インクレディブル』など、アニメーション映画の先駆者であるウォルト・ディズニーとピクサー、両アニメーション・スタジオの社長キャットマル氏が、その輝かしいキャリアに終止符を打つつもりであることを認めた。

ザ・ハリウッド・レポーター誌によると、2019年はピクサー社が設立者不在の運営となる最初の年となるが、キャットマル氏は後任者が発表されるまでの間相談役を務める予定だという。同氏は「愛した人々から離れる時につきものの複雑な心境です。しかしながら、私が今まで一緒に仕事をした中で最も献身的で想像力のあるリーダー達がピクサーとディズニーの両社にいるということを、この上なく誇りに思いますし、うれしく思います」と声明を発表した。

キャットマル氏が設立者の一人として名を連ねるピクサー社は、現在『トイ・ストーリー4』を製作中で、同シリーズでバズ・ライトイヤーの声を演じるティム・アレンは、その新作のエンディングがとても感動的であることを先日明らかにした。「感情的にならないようにがんばってるよ。ばらしたくないんだけど、素晴らしい話だよ」「すごく感動的で、笑えて、そして壮大な話なんだ。製作陣が思いついたアイデアに驚いているよ。ラストシーンを切り抜けるのは大変だったんだ。(内容を)教えてあげたいんだけど」「でも、これ以上は言うことが出来ない。キャラクター達が素晴らしくてね。最後のほうのシーンでは、涙をぐっとこらえていたよ」とティムは話している。

ピックアップ

editeur

検索