メディア個別 映画版『キャッツ』、元祖キャストのジュディ・デンチが出演へ | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1152回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

映画版『キャッツ』、元祖キャストのジュディ・デンチが出演へ

ジュディ・デンチの映画版『キャッツ』出演が決まった。1981年にウエスト・エンドで公演されたオリジナルのミュージカルでグリザベラ役を演じていたジュディが、トム・フーパー監督による映画版でオールド・デュトロノミー役を演じることになったとデッドラインは伝えている。

アンドリュー・ロイド・ウェバーによるミュージカルではその役をブライアン・ブレスドが演じており、「看取った妻は9匹」と言うなどオス猫の設定となっていたため、今回ジュディが演じるにあたり台詞の一部が変更されることになりそうだ。

T・S・エリオットによる詩集『キャッツ – ポッサムおじさんの猫とつき合う法』を原作とした同作では、イドリス・エルバが悪役のマキャヴィティを演じることになっており、イアン・マッケラン、ジェニファー・ハドソン、ジェームズ・コーデン、テイラー・スウィフトらの出演も予定されている。

主役のグリザベラ役はジェニファーが演じる予定になっており、ヒット曲『メモリー』で力強い歌声を披露する方向だが、他のメインキャストの役どころについてはまだ明かされていない。

プロデューサー陣にはフーパー監督をはじめ、ティム・ビーヴァンやエリック・フェルナー、デブラ・ヘイワードが名を連ねており、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮として参加する。

1981年初演のミュージカルでは、ジェリクルキャッツと呼ばれる猫のグループたちが、新たな命を得る猫を選ぶ姿が描かれ、ウエスト・エンドでは6番目、ブロードウェイでは4番目となる長期公演記録を残した。

ピックアップ

editeur

検索