メディア個別 跳んでる豚はみるみる痩せる? トランポリンダイエット大解剖 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第28回 | 40代から始めるジム・トレーニング

跳んでる豚はみるみる痩せる? トランポリンダイエット大解剖

遊具のイメージがあるトランポリンだが、近年そのフィットネス効果に注目が集まっている。童心に帰ってピョンピョン飛び跳ねるだけでダイエット効果があるのならば、ぜひ試してみたいところ。そこで、トランポリンの持つフィットネス効果、ダイエット効果について、日本初のトランポリンフィットネス専用スタジオ「jump one」のインストラクターYASUKAさんに教えていただいた。
今回のアドバイザー
YASUKA
jump one インストラクター
大音量の音楽と、クラブのような空間でトレーニングを行う日本初のトランポリンフィットネス専用スタジオ「jump one」。2016年よりインストラクターとして活躍するYASUKAさんのレッスンは、どの角度から見ても正しいフォームをキープするなど質の高さはもちろん、声のトーンやボリュームなどの雰囲気作りの点でも受講者からの好評を博している。

短時間でも効果絶大! 効率よく運動したいならトランポリンを試すべし

子供の頃トランポリンで無心に遊んでいた40代男性にとって、「トランポリンで跳んだら痩せる」というのはにわかには信じがたい情報だ。トランポリンの持つダイエット効果はいかほどなのか? YASUKAさんに聞いたところ、驚きの答えが返って来た。

YASUKAさん「遊びのように楽しいトランポリンですが、その運動効果はランニングの1.7倍ともいわれるほど非常に優れています。5分間跳ぶとジョギング約1キロ相当の運動量。45分間のレッスンを行えば約450〜800kcal消費することも可能と、短時間で効率良く身体を動かせるのが魅力ですね。

トランポリンはカロリーを消費できるだけではありません。跳ぶ時は体がバランスを取ろうとするので、体幹をはじめとした全身の筋肉を使うことになります。ボディラインが引き締まるほか、基礎代謝UP、身体のゆがみや猫背など姿勢の矯正にも効果絶大。上下運動によってリンパの流れを促進し、老廃物の排出を助けてくれるので、美肌効果もあるんですよ」

両脚は開く? 揃える? バランス良くシェイプアップする方法

まるで万能のトレーニングといったところだが、ただ跳んでいるだけで効果はあるのだろうか? トランポリンを用いた具体的なトレーニングの方法についても教えてもらった。

YASUKAさん「トランポリンでのトレーニングは、そんなに難しいものではありません。好きなように跳んでいるだけでも、十分に運動効果が見込めます。

より効果を高めたいという人は、両脚をぴったりと揃えてトランポリンの中央で跳ぶようにしてみてください。自由に跳んでいる時よりもグラグラしてしまいますが、それをコントロールしようと体幹と内転筋を使うことになるので、全身をバランスよく鍛えることができます。

jump oneのレッスンでは運動効果を最大限に高めるために、大音量の音楽に合わせてトランポリン上でダンスや筋トレも行うなど、様々な工夫をしています。ご自身が飽きずに長く続けられる跳び方を考えるのも楽しいですね」

トランポリンダイエットが40代にもオススメなワケ

様々な効果があることはわかっていても、「大の男がピョンピョン飛んだり跳ねたり、恥ずかしい」と食わず嫌いをする40代男性もいるだろう。しかし、40代だからこそトランポリンをオススメしたい理由があるという。

YASUKAさん「短時間で絶大な運動効果を得られるトランポリンは、忙しくてなかなか運動する時間が取れない40代の方にもぴったりです。

一度トランポリンをやってみると分かるのですが、ジャンプをすると人間は不思議と笑顔になれるもの。自然と楽しい気持ちになり気分が高揚するという方も多いので、ダイエット目的ではなくてもストレス発散のためだけにいらっしゃる方も多いです。日頃のストレスで爆発寸前!という40代の方は、ぜひトランポリンを試してみてほしいですね。

トランポリンエクササイズは関節への負担を吸収・軽減してくれるので、走ったりすると膝に痛みを感じる、という人でもトライしていただけます」

NASAでも効果が認められ、トレーニングに取り入れられているというトランポリン。蓄積した贅肉で体が重い…という人こそ、トランポリンで跳びはねて爽快な気持ちを味わってみてはいかがだろう。

最後にアドバイザーからひと言

YASUKAさん「ご自宅にトランポリンが置けないという人は、トランポリンジムを活用しましょう。jump oneは朝7時〜23時まで営業しているので、仕事前や休憩時間、残業後などの空き時間を有効に使うことができますよ!」

Text by Takumi Arisugawa

リンク
jump one 料金のご案内

editeur

検索