メディア個別 パトリック・ウィルソン、「アナベル」第3弾に続投決定 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1139回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

パトリック・ウィルソン、「アナベル」第3弾に続投決定

パトリック・ウィルソンが人気ホラー「死霊館」シリーズのアナベル作第3弾で、ヴェラ・ファーミガと共にウォーレン夫妻役を続投するようだ。デッドラインによれば、シリーズ前半にその役を演じていた2人が、タイトル未定の新作で脇役としてシリーズ復帰を果たすことになりそうだ。

「アナベル」第3弾はウォーレン夫妻が、これ以上悲劇を起こさないようにアナベルの人形を保管庫に持ってくるところから始まる。しかし、アナベルはその部屋にあった他の悪魔を呼び起こし、ウォーレン夫妻の10代の娘ジュディを狙うことになる。

そのジュディ役はマッケナ・グレイスに決定しており、監督はゲイリー・ダウバーマンが務める。

一方で、第1作目でメガホンを取って以来、シリーズに参加してきたジェームズ・ワンは以前、「死霊館」シリーズを拡大したいとの意向を示していた。「初期段階で僕らの頭に浮かんだのは、『スーパーヒーローの世界があるなら、ホラー映画でもそれを実現できないか?』ってことだった」「『死霊館』の第1弾を作った時、もっと世界が広げられるのは明らかになった」

「アナベル」シリーズ最新作は2019年7月公開予定だ。

ピックアップ

editeur

検索