メディア個別 フェラーリサウンドという悦楽──488ピスタ スパイダー | editeur エディトゥール

editeur

検索
第24回 | フェラーリの最新車デザイン・性能情報をお届け

フェラーリサウンドという悦楽──488ピスタ スパイダー

『488 ピスタ スパイダー』は、「フェラーリ50台目のオープンモデル」という話題で取り上げられることが多い。もちろん、その歴史に価値を見出すことは正しい。しかし、メモリアルな数字だけにとらわれると、このクルマの本質を見誤ることになる。『488 ピスタ スパイダー』は、フェラーリのスパイダーモデルの新たな指標となる、レーシーなクルマなのだから。

もっとも優れたエンジンに選ばれた『488ピスタ スパイダー』のV8ツインターボ

『488 ピスタ スパイダー』は、フェラーリ最強のV8ミッドシップカー『488 ピスタ』のオープントップバージョンだ。発表の場はオープンカー好きが多いアメリカ。カリフォルニア州ペブルビーチで開催される世界的に有名なコンクール・ド・エレガンスでアンベールされた。

『488 ピスタ』には、『488チャレンジ』や『488 GTE』のレース活動によって得られたノウハウが惜しみなく注ぎ込まれている。当然、それらは『488 ピスタ スパイダー』にも引き継がれた。

パワーユニットは『488 ピスタ』譲りの 3.9L V8ツインターボ。最高出力720ps/8000rpm、最大トルク770 Nm/3000rpmを発生し、最高速度は340km/hに達する。2018年に3年連続となるインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを獲得したエンジンは、全回転域で溢れるようなパワーとトルクをレッドゾーンまで途切れることなく発生させ、別次元の加速をもたらしてくれる。

このパワーを最大限引き出すのが、徹底した空力性能の向上と軽量化だ。クーペである『488 ピスタ』をごく自然に進化させたエクステリアは、エアロダイナミクス効率、完成度の高いフォルム、レーシングスピリットという 3つの要素の完璧な融合によって生み出された。

特に軽量化では、多岐にわたるカーボンファイバーの採用とコンポーネントのスリム化を行い、『488 スパイダー』よりも40kgも軽い、乾燥重量1380kgを実現。結果として、パワーウェイトレシオ 1.92kg/cvという前例のない数値を実現し、0-100km/hの加速を2.85秒で達成する。

『488 ピスタ』の「黒×白」のストライプがスパイダーモデルでは「ブルー×白」へ

エクステリアデザインでは、『488 ピスタ』と同じく車体中央に施されたストライプが目を引く。『488 ピスタ』は黒と白を組み合わせたラインだったが、『488 ピスタ スパイダー』はブルーが基調。フロントから後方に向かって広がりながら、スポイラー脇のリアホイールアーチ後端まで続く。これは、車体を流れていく気流をイメージしたという。

足回りでは、ダイヤモンド仕上げの新型20インチ合金ホイールが特徴的。フェラーリの伝統的なミッドシップ・ベルリネッタ・スタイルリムを進化させた星型ホイールを想起させるデザインの10本スポークだ。 また、標準仕様の鍛造合金製より20%軽量化したワンピースのカーボンファイバーホイールもオプションで準備された。

インテリアでは、シートにアルカンターラを採用。また、軽量化のためにフロアはカーペットが廃止され、パターンが刻まれたアルミ製フットプレートに変更された。ドライバー側のドアハンドルもシンプルなストラップに置き換えられている。

フェラーリダイナミックエンハンサーの搭載によってコーナリングスピードがアップ

運動性能では、鋭い加速と制動効率、素早いギアシフト、正確な操作性、グリップ、安定性、優れた操舵性といった数々の特性をシームレスに組み合わせ、限界域でのドライビングを直感的かつコントローラブルに仕上げた。

具体的には、世界で初めて『488 ピスタ』に搭載された「FDE(フェラーリダイナミックエンハンサー)」の継承だ。これは、ソフトウェアを使用してキャリパーのブレーキ圧を自動調整する技術で、コーナリングスピードを高めてくれる。

気になるルーフについては、公式リリースに記載がない。もし『488 スパイダー』と同じルーフなら、フェラーリが特許を持つ「RHT(リトラクタブル・ハードトップ)」を採用していることになる。開閉にかかる時間はわずか14秒で、リヤウインドは3段階の調整が可能だ。

オープンモデルだからこそ、V8ツインターボのフェラーリサウンドを直接堪能できる

オープンという形状は、3.9L V8ツインターボが奏でるフェラーリサウンドを余すことなく堪能できる。

都市を離れ、ワインディンが続く山道を駆け抜けるとき、流れる景色やレブメーターから得られる視覚的興奮、ステアリングやパドルシフトから伝わる触覚のリアル感。そこへフェラーリ独特の甲高いサウンドによって聴覚の幸福が加わることを想像すると、胸が高鳴る。

これがサーキットなら、焼け焦げるブレーキやタイヤの匂いが嗅覚を刺激し、さらにアドレナリンが分泌されるだろう。まさに、体全体でドライビングプレジャーを堪能できる一台だ。

Text by Tsukasa Sasabayashi
Photo by (C) Ferrari S.p.A.
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

動画はこちら
A Tribute to Ferrari Spiders

editeur

検索