メディア個別 夫婦仲がもっと深まる! 妻が惚れ直す家族旅行の掟 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第19回 | 【モテ技】○○な関係への秘密テク

夫婦仲がもっと深まる! 妻が惚れ直す家族旅行の掟

日々の生活に追われていると、妻との会話が連絡事項だけになってしまっていることがある。ゆっくり夫婦の会話を持とうと思っても、自宅では家事などの瑣末な作業に邪魔されてしまう…。そんな時は、家族旅行に出かけてみてはどうだろう? 今回は「夫婦の絆は旅行で深めている」という美人妻に、実体験に基づくアドバイスをしてもらった。
今回のアドバイザー
Sさん 広告代理店勤務 46歳
キャリアと家庭を両立する美人妻・Sさん。会社では「デキる女性」として、男女問わず周囲からの信頼と羨望を集めている。

子連れの家族旅行でも、夫婦の愛を深めることができる

妻の愛を取り戻すための旅行というと、子供は置いて夫婦2人で出かける必要があるように思える。しかし、Sさん夫婦は子供も含めた家族旅行で夫婦仲を深めていたという。

Sさん「うちは夫婦どちらも同じ会社で部署もわりと近いので、同じ時期に休みをとるのが難しいんです。なので、たまに同時期に揃って休みが取れると、必ずと言っていいほど旅行に行きますね。

子供が大きくなった最近は夫婦2人だけで旅行することも増えてきましたが、それもここ1,2年の話。最近までは子供を連れての夫の地元への帰省や、近場への温泉旅行なんかがメインでした」

妻は深層心理で何を望んでいるか? 先回りして考えるべし

旅行先で妻から感謝されようと思ったら、大切なことはただ一つ。妻のニーズを把握することだ。

Sさん「旅行先で嬉しかった夫の気遣いはいくつかありますが、特に次の3つは嬉しかったのを覚えてます。

●旅行先で、夫と息子だけのイベントを入れてくれた
私は旅行先ではとにかくゆっくりしたい。でも子供が男の子なんで、旅行に行ってもやれ山登りだ海水浴だって、アクティブなことばっかりしてたんですよ。
でも、子供が高学年になった頃から、そういうアクティブなことを『男の時間』と称して夫と息子の2人で行ってくれるようになりました。おかげで私は1人でゆっくりできたのでありがたかったです。

●帰省をしても義実家には泊まらず、近場のホテルに泊まってくれた
夫の実家はかなりの田舎にあって、家もものすごく広いんです。でも、お盆の頃なんかに帰ると親戚もたくさん帰ってきていて、嫁である私はたくさん働かされちゃうんですよ(笑)。
夫はそれを分かってるので、帰省の時にはかならず少し離れた市内のホテルを取ってくれます。理由も「俺が街で夜遊びしたいから」と言ってくれるので、嫁としても肩身が狭くなくて助かります。

●私好みの旅行のプランを全て組んでくれた
去年から夫婦だけで旅行に行き始めたんですけど、旅行ってプランを考えるのが一番面倒なんですよね。子供連れの旅行なら子供をメインに考えるんですが、大人だけだと選択肢が広すぎて…。
それを夫が全部背負ってくれたときは嬉しかったですね。しかも、途中にマッサージとかの予定が入ってて、私の好みが分かってる〜!って、夫に抱きついて感謝しました(笑)」

旅行先での夫の優しさは、日常の3倍ポイントアップ!

もちろん、普段の生活で妻に優しくするだけでも夫婦仲は深まるだろう。しかし、旅行先では“非日常マジック”がより効率的に絆を深めてくれるという。

Sさん「夫と私は、子供が小さい頃に『夫婦』じゃなくて『戦友』みたいになっちゃった時期があったんです。でも、子供がだんだん大きくなってきて、2人だけで話す時間が増えたら、お互いの夫婦としての気持ちが戻ってきた。

2人で旅行に出かけると、知らない場所の非日常感も手伝ってか、家で会話するよりももっと急速に2人の関係が良くなっていくのを感じます。旅行先での夫の優しさって、日常の優しさの3倍くらいに感じられるんですよ」

良好な夫婦関係を取り戻すのに、旅行の持つ魔法を使わない手はない。これからも長く連れそう相手だからこそ、愛情は必要不可欠というものだ。この頃とんと夫婦の会話が持てていないという人は、この秋、もう一度妻に愛されるためのロマンチックな夫婦旅行にでかけてみてはいかがだろう?

最後にアドバイザーからひと言

「車ででかけるなら、恋人時代の思い出の曲をかけると盛り上がりますよ!」

Text by Takumi Arisugawa

editeur

検索