メディア個別 アウディA8──自動運転に最も近いフラッグシップカー | editeur エディトゥール

editeur

検索
第34回 | アウディの最新車デザイン・性能情報をお届け

アウディA8──自動運転に最も近いフラッグシップカー

アルプスを舞台にした山岳レース「オーストリア アルペンラン」。1911〜14年にかけてのアウディの華々しい活躍は語り草で、アウディブランドは世界に轟き渡った。栄光を支えたのは、「アウディの父」と呼ばれるアウグスト・ホルヒ博士だ。エンジニアである彼は、ある言葉を残したことでも知られている。それが、企業理念である「Vorsprung durch Technik(フォアシュプルング ドゥルヒ テヒニク=技術による先進)」。フルモデルチェンジをはたした新型『A8』は、この企業理念を具現化した一台といっていいだろう。2017年10月に欧州で販売開始。その年の東京モーターショーでも展示されて話題を集めた。概要は伝わっていたが、1年遅れでの待望の日本デリバリーが始まった。

量産車初。新型『A8』は自動運転の要となる「LiDAR(ライダー)」を搭載する

『A8』はアウディのフラッグシップセダンで、新型は第四世代となる。どの世代も常に最先端技術を搭載しており、今回もさながら「技術のショーケース」といった仕上がりだ。最大のトピックは、量産車として世界初となる「レーザースキャナー」の搭載だろう。技術に詳しい人なら「LiDAR(ライダー)」の搭載と聞けば、そのすごさが伝わるかもしれない。

「LiDAR」は自動運転に欠かせないパーツのひとつで、物体に当てたレーザーの反射時間から周囲の3次元地図を作成する。『A8』のレーザースキャナーは、145度の範囲で80m離れた場所までカバー。夜間でも対象物の形状を正確に捉える。このレーザースキャナーに加え、ミリ波レーダー、カメラセンサー、超音波センサーなど最大23ものセンサーが搭載された。

これらのセンサーが高度な「ADAS(先進運転支援システム)」の核となるのだが、それだけではない。特筆すべきは、センサーから得られた膨大な情報を統合的に分析し、高度な周辺環境モデルを構築する「セントラル ドライバーアシスタンス コントローラー(zFAS)」の採用だ。「センサー」と「zFAS」がしっかりとかみ合ったからこそ、これまで以上に人間の感覚に近い、遅延の少ないアクセル、ブレーキ、ステアリングの制御を実現できた。

しかし、この制御はあくまで、「レベル1」から「レベル5」まで5段階ある自動運転のうちの「レベル2」だ。『A8』といえば、ヨーロッパでの発表時、「Audi AIトラフィックジャムパイロット」の搭載、つまり「レベル3」の自動運転を市販車として世界初搭載することが話題となった。そのことを覚えている人は、「レベル3」はどうなったと感じたかもしれない。

結論から言えば、残念ながら搭載は見送られた。理由は、現時点で法整備が追いついていないからだ。とはいえ、『A8』に搭載された技術は「レベル3」の実現を見越したもの。アウディジャパンのフィリップ・ノアック社長は発表会で「洗練されたレベル2の運転支援システム」と表現した。

ハンドリング、足回り、乗り心地…走行性能も大幅に向上している新型『A8』

『A8』の先進技術はセンサー類だけではない。シャシーにも多くの最新技術が投入されている。「ダイナミック オールホイール ステアリング(四輪操舵)」は、65km/h以下でステアリングを操作した場合、リヤタイヤがフロントと逆方向に操舵される。これにより最小回転半径は約0.5m小さい5.3mとなり、都市部での取り回しの良さが向上した。65km/hを超える中高速では、リヤタイヤはフロントと同方向に操舵され、操縦安定性が向上する仕組みだ。

足回りでは、前後サスペンションアームのほぼすべてをアルミニウム製にすることで軽量化を実現。電子制御式可変ダンパーと組み合わせたエアサスペンションは、アウディドライブセレクトによって「コンフォート」「オート」「ダイナミック」などに任意でモード変更が可能だ。

さらに、2019年以降には「AIアクティブサスペンション」の導入が予定されている。前述のレーザースキャナーやカメラセンサーを用いて路面の凹凸を先読みし、サスペンションのストロークをアクティブ制御する。これによって、ラグジュアリーセダンにふさわしい滑らかでフラットな乗り心地から、スポーティセダンのようなキビキビした身のこなしまで、自由自在に変化するという。

乗り心地だけでなく、「アクティブセーフティ機能」も備えており、センサーシステムが側面衝突を避けられないと判断すると、ボディ片側を80mm持ち上げる。衝撃を強固なサイドシルで受け止め、キャビン変形と乗員への負荷を大幅に軽減するというから驚きだ。

「マイルドハイブリッドシステム」を搭載。新型『A8』は燃費性能もアップ

カーガイが気になるであろうパワートレインには、2種類のガゾリンエンジンを用意。『A8 55 TFSI quattro』には3.0lL V型6気筒直噴ターボが、『A8 60 TFSI quattro』には4.0L V型8気筒直噴ツインターボが搭載された。最高出力と最大トルクはそれぞれ340ps/500Nm、460ps/660Nmと、先代モデルから強化されている。

いずれも、「マイルドハイブリッドドライブシステム」を採用。燃費性能も大きく改善され、3.0lLモデルは10.5km/L、4.0Lモデルは8.7km/Lを達成した(JC08モード)。

トランスミッションは、ともに8速ティプトロニック(トルクコンバーター付きAT)。当然、アウディの技術の代名詞「quattro(フルタイム4WD)」も標準装備されている。「quattro」はセルフロッキング センターディファレンシャルを装備し、通常時のトルク配分は前40:後60だが、ホイールのスリップ状況に応じてフロントに最大70%、リヤに最大85%のトルクを配分する。

物理的なボタンやスイッチをほとんど廃止し、スッキリとした『A8』の室内

エクステリアは、フラッグシップセダンにふさわしい優雅さだが、そのなかにスポーティーさを感じさせる。その理由は、平らなルーフラインがリヤで鋭く落ちるサイドビューだろう。まるでクーペのような流麗さを感じさせる。

フロントでは、アウディのデザインアイコンである6角形の大きなシングルフレームフロントグリルが存在感を主張する。リヤは前方に向けてわずかに傾斜がつけられおり、停まっているときでも前に押し出すような躍動感を生み出した。

インテリアには水平基調で統一感のあるデザインが採用され、広々とした空間が演出されている。センターコンソールに上段10.1インチ、下段8.6インチのタッチ式スクリーンを採用することで、物理的なボタンやスイッチ類をほとんど廃止しており、スッキリとした印象だ。

また、インストルメントパネル、センターコンソール、ドアトリム、ルーフメンバーにまで張りめぐらされたLEDライトモールは、明るさと色調を別々に調整できる間接照明として、インテリアをエレガントに演出してくれる。

価格は1140万円から、新型『A8』は「自動運転の実現」に最も近い場所にいる

発売は10月15日から開始される。ラインナップは、『A8 55 TFSI quattro』『A8 60 TFSI quattro』『A8 L 60 TFSI quattro』の3種類。価格はそれぞれ1140万円、1510万円、1640万円と、ジャーマンスリーのメルセデス・ベンツ、BMWのフラッグシップセダンとほぼ同じ価格帯だ。

最先端の運転支援システム、デジタル時代にふさわしいタッチスクリーンによるユーザーインターフェイス、48Vのマイルドハイブリッドドライブシステム。まさに、「技術のショーケース」といっていい新型『A8』。自動運転に最も近い場所にいる、未来を感じさせる一台だ。

Text by Tsukasa Sasabayashi
Photo by (C) AUDI AG.
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

動画はこちら
The new Audi A8 オフィシャル動画

editeur

検索