メディア個別 アンセル・エルゴート、リメイク版『ウエスト・サイド物語』主演決定! | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1086回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

アンセル・エルゴート、リメイク版『ウエスト・サイド物語』主演決定!

アンセル・エルゴートがスティーブン・スピルバーグによる『ウエスト・サイド物語』のリメイク版で主演を務めることが決定した。『きっと、星のせいじゃない。』や『ベイビー・ドライバー』などで知られるアンセルが、名作ミュージカルのリメイク版で主役のトニーを演じることになった。

20世紀フォックスが贈るこの新作でケビン・マコラムやクリスティー・マコスコ・クリーガーと共に製作を手掛けるスピルバーグは、実現に向けて長年取り組んできており、『ウエスト・サイド物語』は最高峰の音楽を取り入れたミュージカルの最高傑作だと絶賛していた。

撮影は2019年夏にもスタートする見込みで、何千人もの俳優やダンサーたちがすでにオーディションを受けたとヴァラエティ誌は報じている。

そんな中、アンセルが主演した『ベイビー・ドライバー』の続編製作の可能性も浮上している。2017年の同作で監督を務めたエドガー・ライトは、公開1周年の際に「『ベイビー・ドライバー』がちょうど1年前に公開された。この365日間色々あった。だから皆からの素晴らしい反応にお礼を言いたい。すごくありがたい。それに、もしかしてまたその道路に戻るかもしれないし」と投稿していた。

editeur

検索