メディア個別 タランティーノ監督最新作、故バート・レイノルズの後任にブルース・ダーン | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1072回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

タランティーノ監督最新作、故バート・レイノルズの後任にブルース・ダーン

故バート・レイノルズに代わりブルース・ダーンが新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』に出演することが決定した。ブルースは『ヘイトフル・エイト』『ジャンゴ 繋がれざる者』でもタッグを組んだクエンティン・タランティーノ監督最新作で、盲目の農場主ジョージ・スパーン役を演じることになる。

チャールズ・マンソン率いるカルト集団によるシャロン・テート殺害事件を描くこの新作に向け、今月初めに他界したバートはまだ撮影を始めていなかったが、ブラッド・ピット、レオナルド・ディカプリオ、マーゴット・ロビー、アル・パチーノ、カート・ラッセルらとの共演作を楽しみにしていたと言われている。

そのバートの後任を務めることになったブルースは、1956年のテレビドラマ『頭上の敵機』や2003年公開映画『ハード・グラウンド』などで共演したこともあった。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ではディカプリオ演じる落ち目の西部劇の元スター、リック・ダルトンとブラッド演じるダルトンのスタントマン、クリフ・ブースを中心に話が展開するという。また、そのダルトンの隣人役として、1969年8月にマンソン・ファミリーに殺害された女優シャロン・テートをマーゴットが演じる。

この新作はシャロンとラビアンカ夫妻が殺害された事件から50周年となる2019年8月9日に公開予定だ。

editeur

検索