メディア個別 マシュー・ペリー、3か月前の入院時は重体だった | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1045回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

マシュー・ペリー、3か月前の入院時は重体だった

3か月前の入院時のマシュー・ペリー(49)の容体は深刻だったようだ。『フレンズ』などで知られるマシューは先日、胃腸穿孔の緊急手術のため3か月に渡って入院していたことを明らかにしていたが、関係者らによると当時のマシューの容体はかなり悪く、術後の「回復過程が複雑な可能性もあった」ことから長期の入院を必要としたのだという。

関係者の1人はピープル誌にこう話す。「マシューは入院した際、とても深刻な容体にありました。病状は深刻でした。胃腸穿孔の手術はとても複雑ですし、回復も一筋縄ではいかない場合があるのです」

しかし、マシューがSNSで「病院のベッドで3か月。済」と報告した翌日には退院したと言われている。

マシューの代理人は先月、手術の必要性を発表し、「マシューは最近、ロサンゼルスの病院で胃腸穿孔の治療のために手術を受けました。回復の間、今後もプライバシーを尊重し、ご配慮いただくことに前もってお礼を申し上げます」とコメントしていた。

胃腸穿孔や腸破裂は、胃壁や腸壁に穴が開くことで起きるほか、クローン病や大腸炎、虫垂炎が原因の可能性もある。通常は治療可能であるものの、消化管の物が胃腸まで漏れ出したり、感染症を防ぐために、医師は早急に治療に取り掛かる必要がある。一旦、感染症にかかってしまうと、敗血症になる可能性もあり、死に至ることもある。

editeur

検索