メディア個別 電動モデル登場──ハーレーダビッドソンの改革とは? | editeur エディトゥール

editeur

検索
第2回 | ハーレーダビッドソンの最新車デザイン・性能情報をお届け

電動モデル登場──ハーレーダビッドソンの改革とは?

「ハーレーショック」をご存じだろうか。アメリカのトランプ大統領は貿易赤字を削減するために保護主義政策を進めている。ハーレーショックとは、その影響からアメリカの象徴であるハーレーダビッドソンがヨーロッパ向けの生産拠点をアメリカ国外へ移すと表明した出来事を指す。その衝撃が続くなかでハーレーが発表した新たな経営計画は、さらにファンを驚かせるものだった。ブランド初の電動モデル『LiveWire』を2019年に発売するというのだ。

フリークは「ビッグVツインエンジン」でなければハーレーとして認めない

ハーレーダビッドソンが電動モデルを発売する──。そう聞くと意外に思う人もいるかもしれないが、これは二輪業界においては周知の事実だ。とはいえ、なぜあのハーレーが電動モデルなのか? 電動ハーレーを紹介する前に、まずその点について説明しよう。

ハーレーといえば、ビッグVツインエンジンの迫力あるルックス、音圧とリズムを感じる独特のエキゾーストサウンドがシンボルだ。また、そのシンボルを有していなければ、ユーザーからハーレーとして認められなかった。今でもこうした考えを持つハーレーフリークは多い。

しかし、アメリカ本国のHARLEY-DAVIDSON Inc.の経営陣は、時代の流れを見極め、次世代へ向けた新たな商品ラインナップが必要と考えたのだ。その点は想像に難くない。

ハーレーが最初に経営方針を大転換しようと試みたのは、1960年代後半から1970年代にかけてのこと。当時、世界の二輪車マーケットでは、日本製モーターサイクルが勢力図を塗り替えようとしていた。危機感を覚えたハーレーは、イタリアの航空機メーカー、アエルマッキのモーターサイクル部門の株式50%を買収し、小型モデルの製造を開始する。

ところが、小型のモーターサイクルは利益率が低く、生産コストを抑えた効率のいい日本製モーターサイクルにはとても対抗できない。さらに「ハーレーのイメージを損なう」といったディーラーからの反発もあり、このときは経営改革を断念せざるを得なかった。

“ハーレーブーム”頼みではメーカーとして本当に復活することはありえない

しかし、時代の流れとは面白いもの。その後、ハーレーの経営権が転々とする厳しい時代が続いたが、1990年代半ばから世界的に信じられないようなハーレーブームが巻き起こった。

じつは、ハーレーは1970年代の終わりに、ITC(国際貿易委員会)から経営悪化は日本製モーターサイクルの台頭が原因ではなく、「品質管理の悪さや時代遅れのデザイン」「マーケティング・ポリシーの間違い」にあると裁定されている。その古くささ、手をかけなければグズってしまう気難しさが、1990年代にむしろ希少なキャラクターとして人気を集めたのだ。

それなら電動モデルは必要ないのでは、と思うかもしれない。だが、ハーレーの経営陣は、間違いなく「流行に委ねた復権など、今後はあり得ない」と考えている。実際、現在の市場環境を見ると、時代の流れが再びビッグツインに戻ってくるとは想像しにくい。だからこそ、この20年間に蓄えた経済力を技術革新とマーケットの開拓に注ごうとしているのである。

そこで電動モデルだ。モーターサイクルにせよクルマにせよ、もはやメーカーは電動化の波に抗いようがない。なにしろ、そこには地球規模の環境問題という大義があるのだから。

ハーレーダビッドソンが2019年に発売する初の電動モデル『ライブワイヤー』

ハーレー初の電動モデルは『LiveWire(ライブワイヤー)』と名付けられた。これは2014年に『Project LiveWire』として発表されたコンセプトモデルを改良した市販バージョンで、2019年8月に販売が開始される(メイン写真と一番下の写真以外はすべてコンセプトモデル)。

かなり自信があるらしく、ハーレーはプレスリリースに「電動スポーツバイクのリーダーとなる立場を確立した」と記している。

公表されている『LiveWire』の画像は少ないが、スタイリングはハーレーの社内ブランドだったBuell(ビューエル、2009年に生産中止)のスポーツモデルを思い起こさせる。いかにも剛性が高そうなフレームとスイングアームを持ち、きっぱりと短いシートエンド、ビッグVツインを想起させるボリューミーな動力パックも特徴的だ。

その動力には縦置きした三相モーター(三相交流を使うモーター)を採用。ベベルギア(傘歯車)を介してドライブシャフトを駆動する。ヒートシンクは発熱量の大きさを物語る広い面積を持つが、それでも冷却が十分ではなかったのだろう。プロトタイプにはなかったオイルクーラーが追加されている。三相モーターの最高出力は74hp、最大トルクは5.2kg-mを発揮。最高速は92マイル(約147km/h)をマークし、0~96km/h加速は4秒を切るという。

バッテリーにはリチウムイオン電池を採用し、満充電3.5時間で100km以上(推定値)の走行が可能とされている。発売時にはもう少し航続距離は伸びるかもしれない。

スロットルはガソリンエンジンと同じように右側グリップ。いや、電気モーターなので、スロットルではなくスイッチやコントローラーと呼ぶべきかもしれない。当然、クラッチもトランスミッションもないので、走行に必要な基本動作はアクセルとブレーキだけだ。

オフィシャル動画を見ると、加速時にギアが鳴る独特のサウンドが聞こえてくる。けっして大きな音ではないのだが、冷徹な攻撃性を感じてクールなのだ。消音自体はギアの種類やカバーリングによって可能なはず。それをあえてしなかったのは、『LiveWire』のアイデンティティとして、そしてハーレーのモデルとして、”サウンド” が必要だったのだろうと推測する。

2020年までにアドベンチャーツアラーとストリートファイターも新たに導入

『LiveWire』は2022年までにモデルのバリエーションを拡充していく予定で、小型でリーズナブルな電動モデルを3タイプ発表するという。それは、現在の電動スクーターやモペッドと同じマーケットに食い込むための楔(くさび)になることを目的にしている。

さらにもうひとつトピックがある。ハーレーは2020年までに、1250ccのアドベンチャーツアラー、975ccのストリートファイターの2モデルの導入も予定している。このうち、アドベンチャーツアラーには『パンアメリカ1250』という名が与えられ、前述のビューエルが生産していた「ユリシーズ」の後継モデルに位置づけられるという見方もあるようだ。

今後の数年間でハーレーのイメージは大きく変わることになるだろう。イメージを覆すことを許さないフリークたちはどのように折り合いを付けるのか。そこが気になるところだ。

Text by Koji Okamura
Photo by (C) Harley-Davidson, Inc.
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

動画はこちら
Harley-Davidson Project LiveWire オフィシャル動画

editeur

検索