メディア個別 ブライアン・シンガー、レッドソニアを映画化? | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1033回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

ブライアン・シンガー、レッドソニアを映画化?

ブライアン・シンガーが『英雄コナン』に登場するレッドソニアの映画化に向けて交渉中だという。「X‑メン」シリーズなどで知られるシンガー監督は、1970年代に出版されたコミック本「英雄コナン」シリーズのスピンオフ作となる大作に向けて、製作会社のミレニアムから大型契約をオファーされたと報じられている。

ザ・ハリウッド・レポーターによれば、2008年にはロバート・ロドリゲス監督と当時の交際相手であったローズ・マッゴーワン主演で一度は話が進められていたこの作品を、同社は今度こそ製作しようと意気込んでいるという。

『レッドソニア』は1985年にも一度映画化されているが、今回の新バージョンに向けては『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』にも参加したアシュリー・ミラーが脚本を執筆中のようだ。

そんな話が浮上しているシンガー監督にとって、この作品はクイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』の撮影現場に姿を現さなかったとしてフォックス社に解雇されて以来初の仕事となる。

一方でシンガー監督は、ハーヴェイ・ワインスタインをはじめとしたハリウッドのセクハラ疑惑が次々と浮上した#MeToo運動の中で、シーザー・サンチェス・グズマンという男性から17歳の頃に性的暴行を受けたと訴えられて以来、疑いに関しては全て否定しながらも、行動を差し控えていた。

editeur

検索