実りの秋を感じさせる上質なスーツスタイリング
- 男の嗜み見聞録 -

実りの秋を感じさせる上質なスーツスタイリング

長らく毎日スーツに袖を通していると、着こなしに気を配ることは少なくなっていくのではないだろうか。しかし毎シーズン流行は変わり、スタイリングひとつで印象はガラリと変えられるもの。そこで、今の流行をほどよく取り入れた上質なスーツスタイルをレコメンドしてもらうべく、クラフツマンシップの光る極上のリアルクローズを揃えた丸の内の「ザ ソブリンハウス」に、スタイリスト・中島貴大(写真左)が伺った。

柔らかで若々しい印象のカントリージェントルマン

「フランネルの風合いが柔らかい、ほのかな柄の『エリコ フォルミコラ』のスーツ(14万5800円)に、タブカラーの『アビーノ ラボラトリオ ナポレターノ』のシャツ(3万7800円)を合わせました。そこにヘリンボーンのベージュのタイ『エリコ フォルミコラ』(1万5120円)を組み合わせています」と語るのは、「ザ ソブリンハウス」のディレクションとバイイングを担当する太田裕康さん(冒頭写真右)。コンセプトは「カントリージェントルマン」だとか。構築的かつソフトな肩パッドでナポリ仕立てのジャケットにテーパードしたパンツは、若々しい印象を与えてくれそうだ。

オーセンティックにまとめた上品なブルーグレースタイリング

やわらかな光沢を称えるスーツの素材は「ウールカシミア(16万2000円)です。ネクタイの収まりが良くエレガントなVゾーンを醸し出すスリーピースでグレードの高い印象にしました。合わせるシャツはロイヤルブルーのストライプ『ソブリン』(2万3760円)に、グレーのタイはドット柄『ニッキー』(1万4000円)。オーセンティックな組み合わせです」と太田さん。こと仕事という観点では、今回のコーディネートのなかでもっとも合わせやすい印象だ。大人の印象が際立つ、豊かなスーツスタイルと言えそう。

軽やかにして上質なイタリアン×ブリティッシュの妙

今回紹介する中で最もハイグレードなスーツは、「現役サルトの中でも最高峰のひとりリベラノ&リベラーノ氏が手掛けるのプレタポルテ(41万400円)です。正統的なグレー地のチョークストライプでオーセンティックな着こなしを、最高峰
の仕立てでコンフォートな着心地を楽しめます」と太田さん。程よい艶感のある上品な無地のシャツ『リベラーノ&リベラーノ』(38,880円)に、朱色のタイ『リベラーノ&リベラーノ』(2万3760円)を組み合わせて、ほんのりブリティッシュな雰囲気のなか、華やかさを見事に演出している。
いずれも“実りの秋”にふさわしい、豊かな印象のスタイリング。「お召しいただくだけで、1日が満ち足りて、人と会うことが楽しくなるようなご提案を心がけました」と太田さんは語る。個性的なスタイリングながら、ひとつひとつのアイテムは実にオーセンティック。毎日のスーツスタイルに取り入れられそうなアイデアだけど、その神髄は細やかな質感や仕立ての良さにある。実際にお店に足を運んで、その妙技を感じて欲しい。

Text & Item select by Takahiro Nakajima

Photographs by Seiji Sawada

Editorial by Masayuki Kisyu