メディア個別 注目の書籍レビュー『「3か月」の使い方で人生は変わる』 | editeur エディトゥール

editeur

検索
「3か月」の使い方で人生は変わる
著者
佐々木大輔
出版社
日本実業出版社
定価
1620円
出版日
2018-07-01
評価(5点 満点中)
総 合
4.2
明瞭性
4.5
革新性
3.5
応用性
4.5
第7回 | 本の要約サイト『flier』 powered by éditeur

注目の書籍レビュー『「3か月」の使い方で人生は変わる』

人気のビジネス書、話題の書籍に書かれていることとは? 本の要約サイト『flier』から、注目の1冊のレビューをお届けします。

働き方改革の影響もあり、仕事の生産性を高めるための仕事術、タイムマネジメントに関する本はビジネス書コーナーに所狭しと並んでいる。しかし、「本当にやりたいこと」を現実化させるという視点に立った本は、どれくらいあるだろうか。仕事の効率化をして何を実現したいのか。それはどんな情熱に下支えされているのか。こうしたことを明確にしたうえで、時間の使い方と向き合うきっかけをくれるのが本書だ。
著者、佐々木大輔氏は、「クラウド会計ソフト freee」を生み出した、注目の起業家の一人である。佐々木氏によると、勉強や仕事、起業準備など、人生の転機となるテーマに取り組む際は、「3か月」をどう使うかが成否を分ける大きなポイントになったという。「時間術やタイムマネジメントとは、効率化して生み出した時間で、非効率なことに時間や情熱を注ぐことがゴール」。この発想に深くうなずいた。効率化できる部分をAIなどのテクノロジーがどんどん担うようになると、企業文化や信頼関係の構築など効率化できない部分こそ、人間が時間を注ぐ重要な領域になっていくはずだからだ。
本当にやりたいことに集中するために、どう時間をつくり、優先順位をどうつけるのか。佐々木氏のインターン時代やグーグルでの経験、そしてfreeeの起業・経営という実践に裏付けされた仕事術は、実に合理的で説得力が高い。
何か成し遂げたい目標があるなら、3か月思い切り力を注ごう――。そんな勇気が湧いてくる。時間の使い方を一新したい若手ビジネスパーソンのみならず、高度な生産性が求められる管理職の働き方のアップデートに最適な一冊だ。

(文・『松尾 美里』/本の要約サイト『flier』)

この本の著者

佐々木 大輔(ささき だいすけ)

freee(フリー) 創業者・代表取締役CEO。1980年東京生まれ。一橋大学商学部卒。大学在学中に派遣留学生として、ストックホルム経済大学(スウェーデン)に在籍。また、インターンをしていたインターネットリサーチ会社のインタースコープ(現・株式会社マクロミル)では、データ集計システムやマーケティングリサーチ手法を開発。卒業後は、株式会社博報堂でマーケティングプランナーとしてクライアントへのマーケティング戦略の立案に従事する。その後、未公開株式投資ファーム・CLSAキャピタルパートナーズでの投資アナリストを経て、株式会社ALBERTの執行役員CFOに就任。2008年に Google に参画。日本におけるマーケティング戦略立案、Google マップのパートナーシップ開発や、日本およびアジア・パシフィック地域における中小企業向けのマーケティングの統括などを担当。中小企業セグメントにおけるアジアでのGoogleのビジネスおよび組織の拡大を推進した。2012年7月、freee 株式会社を創業し、シェアNo.1クラウド会計ソフト「freee」等を提供している。日経ビジネス「2013年日本のイノベーター30人」「2014年日本の主役100人」、Forbes JAPAN「日本の起業家ランキング」BEST10に2015年、2016年選出。

flier_banner00
Copyright © 2018 flier Inc. All rights reserved.
『amazon』でチェック!
『「3か月」の使い方で人生は変わる』
佐々木大輔
日本実業出版社
1620円

editeur

検索