米空軍の飛躍的進歩の一助となった傑作ツールの実力とは?―オークリー スナップオン コンビネーションレンチ
- Hot-DogPRESS powered by éditeur -

米空軍の飛躍的進歩の一助となった傑作ツールの実力とは?―スナップオン コンビネーションレンチ

古き良き時代、ボクらが憧れたアメリカンブランドのアイテムには、メイド・イン・USAのものがいっぱいあった。

今回の特集では、今もアメリカ製にこだわって作られている超おすすめのアイテムだけを厳選して紹介。

サイズ感、使い心地、色やテイストなど、アジア製やヨーロッパ製にはない、特別なモノ作りのこだわりをレクチャーしよう。

スナップオン コンビネーションレンチ

小型化、軽量化されるジェットエンジンの強度を高めるため、各パーツをより強いトルク(ねじる強さ)で締めつけることが必要になり、スナップオンは米軍から新たな工具を作成するよう依頼を受ける。

そこで開発されたのが「フランクドライブ」レンチシステムで、従来のレンチはナットに対して点で接触していたが、ナットを面でとらえられるように接触部を特殊な形状に加工。

この特許技術で最大で62%ものトルクアップに成功した。強いアメリカの象徴でもあるジェット戦闘機は、こうした技術の積み重ねによって、短期間で飛躍的に進歩してきたのだ。
自動車産業や軍事力をも支えてきたスナップオンは現在でも一部を除く商品はアメリカで生産。コンビネーションレンチは、オープンエンドのスパナと、ナットへの接触部が多くさらに強力なトルクが得られるメガネレンチを組み合わせたもので、そのどちら側にもフランクドライブの技術が採用されている。

※商品情報は誌面掲載時点のものとなっております。

Text by Hot-Dog PRESS編集部