メディア個別 バート・レイノルズが死去 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第999回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

バート・レイノルズが死去

バート・レイノルズが死去した。82歳だった。ハリウッドを代表する俳優であるバートが6日(木)、フロリダ州にあるジュピター・メディカル・センターで心不全のため息を引き取った。

2013年にインフルエンザにより集中治療室に入院したほか、2010年には心臓のバイパス手術を受けるなど様々な健康問題と戦ってきたバートだが、遺族にとって彼の死亡は「全くの予想外」のことだったようで、ショックを受けているという。

彼の姪であるナンシー・リー・ヘスは声明の中でこうコメントしている。「叔父はただの映画のアイコンではありません。彼は広い心を持ち、情熱的で、家族や友人、演劇学生に尽力してくれた人でした」「健康面でいくつかの問題がありましたが、今回のことは全く予想外のことでした。川で尾骨を骨折しても、映画を完成させるほどタフなんです。そんな人でした。叔父は(『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で)クエンティン・タランティーノや素晴らしい共演者たちと一緒に仕事をするのを楽しみにしていました」

『ロンゲスト・ヤード』や『トランザム7000』、アカデミー賞にノミネートされた『ブギーナイツ』などで有名なバートは、1978年から1982年にかけてハリウッドで1、2を争う売れっ子スターだった。

ここ最近では、『ディファイニング・モーメント』や『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』などが控えていたバートだが、後者についてはまだ撮影前だったそうだ。

バートには元妻ロニ・アンダーソンと生後3日で養子縁組をした息子クイントンがいる。

ピックアップ

editeur

検索