メディア個別 ダコタ・ジョンソンとクリス・マーティン、お揃いのタトゥー? | editeur エディトゥール

editeur

検索
第998回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

ダコタ・ジョンソンとクリス・マーティン、お揃いのタトゥー?

ダコタ・ジョンソン(28)とクリス・マーティン(41)がお揃いのタトゥーを入れたようだ。まだ正式に交際を発表していない2人だが、今回のタトゥーの存在がここ1年近く続いている交際が順調であることを強く裏付けている。

ベネチア国際映画祭での『サスペリア』の報道用写真撮影会で、ダコタの左肘の近くに無限大のマークに「X」という小さな文字を2つ重ねたようなデザインのタトゥーの存在が確認されており、一方のクリスも同じ頃にロサンゼルスのシー・ジーンズの店で右腕の内側に似た模様が刻まれているのを目撃された。

クリスは私生活でのダコタを知るにつれて、交際に対してより真剣になっているようで、関係者はこう語っている。「ここ2週間、2人は一緒に過ごしています。クリスはマリブに住んでいますが、ダコタはそこで会うのが好きなようです。時折、2人は友人を交えてディナーに出かけたりしますが、ほとんどの場合、友人を自宅に迎えます。一緒にビーチに行ったり、近所を散歩したりもしていますね。静かな生活を送ることを楽しんでいるようです。より真剣な関係に発展しているところのようです」

一方でダコタの父ドンは以前、クリスが娘に良い影響を与える存在だと思っているようで、「彼はとても良い男だよ。会ったこともあるし、どんなことになっても自分の子供には幸せになってもらいたいもんだろ」「それがゴールってものだし、カギでもあるよ。彼はすごく才能あるミュージシャンだ。ロサンゼルスの小さな会場での彼らのコンサートを見たこともあるけど、忘れられないものだったよ」と語っていた。

ピックアップ

editeur

検索