メディア個別 スカーレット・ヨハンソン、今年度の世界一稼いだ女優に選出 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第934回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

スカーレット・ヨハンソン、今年度の世界一稼いだ女優に選出

スカーレット・ヨハンソン(33)が、フォーブス誌が選ぶ2018年度に世界で最も稼いだ女優に選出された。2017年6月から今年6月までの期間に額面で4050万ドル(約45億円)を稼いだスカーレットだが、マーベル・シネマティック・ユニバースのブラック・ウィドウ役が大きく貢献した形のようだ。

スカーレットに続き2位に選ばれたアンジェリーナ・ジョリーは、現在撮影中の『マレフィセント』続編の出演料などにより、2800万ドル(約31億円)を稼ぎ出した。またテレビや映画などで大活躍といはいかなかったジェニファー・アニストンだが、スマートウォーターやエミレーツ航空、アビーノとなどの広告収入により1950万ドル(約22億円)を稼ぎ3位に入った。

4位には『X-MEN: ダーク・フェニックス』でミスティークを演じるジェニファー・ローレンスが1800万ドル(約20億円)で食い込み、『ビッグ・リトル・ライズ』で主演兼製作を務めるリース・ウィザスプーンが1650万ドル(約18億円)で5位、僅差となる1600万ドル(約17億5000万円)を稼いだミラ・クニスが6位と続いた。

さらに『プリティ・ウーマン』のジュリア・ロバーツが1300万ドル(約15億円)で7位、『オーシャンズ8』のケイト・ブランシェットが1250万ドル(約14億円)で8位、メリッサ・マッカーシーが1200万ドル(約13億円)で9位に入っている。

10位のガル・ガドットは『ワンダーウーマン』続編の出演料や化粧品メーカーのレブロンとの契約料などが後押しとなって1000万ドル(約11億円)を稼ぎ、初めてトップ10入りを果たした。

一方でアカデミー賞主演女優賞を受賞した『ラ・ラ・ランド』で昨年2600万ドル(約29億円)を稼ぎ、トップに輝いていたエマ・ストーンをはじめ、エイミー・アダムス、エマ・ワトソン、シャーリーズ・セロンらは今年、1000万ドル(約11億円)の壁を越えられず、トップ10入りを逃している。

editeur

検索