i-127
- 海外スターの最新ニュースをお届け -

セレーナ・ゴメス、友人をコーチのモデルに

セレーナ・ゴメスが友人をコーチのバッグコレクションのモデルに起用した。セレーナは友人のコナーとキャロラインのフランクリン姉妹をモデルにして撮影をし、その写真をインスタグラムに投稿した。

セレーナはこうキャプションを付けている。「友人たちとコーチの新作バッグで撮ってみた。トランポリンで跳ね上がったわ。最高よ!」「完璧じゃないかもしれないけれど、いつも自分らしく」

投稿された写真の中で、ポニーテール姿のセレーナはゆったりとしたグレーのTシャツに、くるぶしが見える茶色のパンツ、プーマの白の靴、シルバーの大きなリングのイヤリングというコーディネートを披露している。

そんな今回のモデルの起用とその写真の構図に関してファンからは絶賛のコメントが届いている。

あるユーザーは「右の子に美的感覚をとても感じる。セレーナを見逃すところだった。皆、女王のようだ」と書き込み、別のユーザーは「みんな素敵!このバッグ気に入った!特にウサギが描かれたやつ。皆、とても素晴らしいし、幸せそう。この写真大好き!!」と述べている。

今回のコレクションではセレーナの「決して完璧じゃないかもしれないけれど、いつも自分らしく」というモットーをテーマに、洋服や上着、携帯電話のアクセサリー、バッグなど36点ものワードローブアイテムが展開されており、セレーナはその仕事について誇りに感じていると以前話していた。

「このコレクションをとても誇りに思っている。コーチのスタッフと働くことで一番嬉しいのは、彼らが私の着こなし方を知っているということ。最初から偽りのなさを感じられたの」