メディア個別 香取慎吾×BMW──ブランドアンバサダーに注目せよ | editeur エディトゥール

editeur

検索
第52回 | BMWの最新車デザイン・性能情報をお届け

香取慎吾×BMW──ブランドアンバサダーに注目せよ

ブランドがターゲットにアプローチする方法は、ひと昔前と比べて大きく変化している。かつてはテレビでCMを大々的に流すのが効果的だった。しかし、そうした一方的なコミュニケーションは、もはやスマートとはいえなくなっている。ならば、製品の認知度を上げるにはどんなアプローチが有効なのか。ブランド側が今注目しているのは「アンバサダー」だ。アンバサダーは、誰もがその名を知っているビッグネームで、なおかつ発信力も求められる。そういった意味で、BMWがこの春から香取慎吾をアンバサダーに起用したことは注目に値するのだ。

香取慎吾はBMWジャパンにとって初めてとなる有名人ブランドアンバサダー

香取慎吾については、多くの説明は必要ないだろう。かつて国民的アイドルグループSMAPの一員として一時代を築き、現在はタレントとしてだけではなく、表現者としてアートやデザインといった分野にも挑戦している。

特筆すべきは、SMAP解散後に始めたインスタグラムやツイッターの発信力である。インスタグラムのフォロワーは現在約140万人。このうち100万人は、アカウント開設からわずか3日間で獲得したもの。なんともすさまじい人気ぶりだ。

この知名度と発信力によって香取がプロモーションするのは、新たにBMWのラインナップに加わったクーペライクなプレミアムコンパクトSUV『X2』。ちなみに、BMWはこれまで日本国内のプロモーションにタレントを起用したことは一度もなかった。

つまり、香取は、BMWジャパンにとって初めての有名人アンバサダーとなったわけだ。

『X2』のスペシャル・コンセプト・ムービーに出演し、ラッピングカーも担当

とはいえ、なぜ香取だったのか。BMWは、その理由を「自らに限界を設定することなく、常に新しいステージで挑戦を続ける香取さんは、まさにBMWブランドを完璧に象徴頂けると思います」と説明している。

また、香取も「BMWは、常に進化し続ける、チャレンジし続ける姿勢、常識を覆すほどの好奇心など、僕と共感する部分が多い」と話す。

おそらく、SMAP解散後の「常識にとらわれない」「自分の道は自分で切り拓く」といった香取のスタイルが『X2』のコンセプトとマッチしたのではないだろうか。加えて、『X2』のターゲットが「都市部に住む若年層」であることも大きかったに違いない。

ここでいう「若年層」とは、年齢のことを指しているのではなく、いつまでも若い心を持ち続ける大人の男性といった意味だ。たしかに、それは香取のイメージと重なる。

具体的な活動としては、アンバサダー就任とほぼ同時にBMW公式YouTubeとスペシャルサイトで公開された『X2』のコンセプト・ムービーにメインキャラクターとして出演し、ラップやダンス、アクションを担当した。

さらに、香取は『X2』のラッピングカーの施工も手がけ、この車両は六本木ヒルズや森美術館などで5月下旬に開催された六本木アートナイト2018でお披露目されている。

ランドローバー・ジャパンのアンバサダーにはW杯戦士の吉田麻也選手が就任

著名人をブランドアンバサダーに起用するヨーロッパのプレミアムブランドは、今後さらに増えていくに違いない。

たとえば、ランドローバー・ジャパンは以前からプロゴルファーの宮里美香や藤田寛之、ラグビー選手の田村優やリーチ・マイケルなどのアスリートをアンバサダーに起用してきた。この7月には、新たにロシアワールドカップで活躍したサッカー選手の吉田麻也が起用されている。

そうしたなかでも、香取慎吾×BMWの組み合わせは何か新しいものを感じさせる。次はどのブランドが、どんな有名人をアンバサダーに起用するのか? そんな観点で新型車のプロモーションを見るのも面白そうだ。

Text by Kenzo Maya
Photo by (C) BMW Japan Corp.
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

動画はコチラ
UNFOLLOW ~THE ALL-NEW BMW X2 meets Shingo Katori~ 90sec.

editeur

検索