メディア個別 注目の書籍レビュー『リーン・スタートアップ』 | editeur エディトゥール

editeur

検索
リーン・スタートアップ
著者
井口耕二(訳), エリック・リース
出版社
日経BP社
定価
1944円
出版日
2012-04-16
評価(5点 満点中)
総 合
4.2
明瞭性
4
革新性
4
応用性
4.5
第10回 | 本の要約サイト『flier』 powered by éditeur

注目の書籍レビュー『リーン・スタートアップ』

人気のビジネス書、話題の書籍に書かれていることとは? 本の要約サイト『flier』から、注目の1冊のレビューをお届けします。

「このアイデアなら大丈夫だ」「きっと成功できる」という自信や期待がなければ、誰もスタートアップを立ちあげて不安定な状況にみずからを追いこもうとはしないだろう。だが市場調査にもとづいたすぐれた計画やしっかりした戦略とともに、準備万端で起業したにもかかわらず、スタートアップのほとんどが大失敗に終わるのはなぜだろうか?
その原因は、不確実性が大きいスタートアップにおいて、旧来のマネジメント手法が役に立たない点にあるという。顧客の顔が見えず、どんな製品・サービスを作るべきなのかさえわからないスタートアップにとっては、起業に適したマネジメント手法が必要となる。
その手法こそが、本書で紹介されているリーン・スタートアップだ。最初から完璧なものをめざすのではなく、サービスには改善や方向転換が不可欠という前提で作られたこの手法は、遠回りであるように見えて、実はもっともムダのない起業プロセスでもある。
リーン・スタートアップは、著者がこれまでの数々の反省をもとに練り上げたということもあり、非常に骨太な理論だ。大きな指針ばかり示して、各論が不足しているということもない。きわめて実践的な一冊であり、起業を志している人にとってはもちろん、何か新しいことにチャレンジしようとしている人にとっても、得られるものは大きいはずだ。まだ本書を読んだことがないのであれば、ぜひ騙されたと思って一度本書を手にとってみていただきたい。それに見合うだけの価値はまちがいなくある。

(文・『石渡 翔』/本の要約サイト『flier』)

この本の著者

エリック・リース(Eric Ries)

アントレプレナーとして「スタートアップの教訓(Startup Lessons Learned)というブログを執筆。New Context 社ゼネラルパートナー。彼にとって3社目の起業であるIMVUには、共同創業者として、また、CTO(最高技術責任者)として参画した。最近はビジネス関係のイベントで講演することが多く、さまざまなスタートアップや大企業、ベンチャーキャピタルに事業戦略や製品戦略のアドバイスを提供している。ハーバード・ビジネス・スクールのアントレプレナー・イン・レジデンスでもある。本書のテーマであるリーン・スタートアップという手法は、ニューヨーク・タイムズ紙、ウォルストリートジャーナル、ハーバード・ビジネス・レビュー、ハフィントン・ポスト紙、さまざまなブログなど多方面で取り上げられている。サンフランシスコ在住。

flier_banner00
Copyright © 2018 flier Inc. All rights reserved.
『amazon』でチェック!
『リーン・スタートアップ』
井口耕二(訳), エリック・リース
日経BP社
1944円

editeur

検索