メディア個別 デミ・ロヴァート、入院後初めて心境を綴る | editeur エディトゥール

editeur

検索
第889回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

デミ・ロヴァート、入院後初めて心境を綴る

デミ・ロヴァートがヘロインの過剰摂取の疑いで救急搬送されてから初めて心境を告白した。デミは先週、薬物の過剰摂取の疑いで意識不明なところを自宅で発見され、病院に搬送されていたが、ファンのサポートなどに感謝の気持ちを伝えている。

デミはインスタグラムにこう綴っている。「私はいつだって依存症との遍歴について明らかにしてきた。今回私が学んだことは、この病気は時間と共に消えたり、症状が弱くなるようなものではないということ。引き続き克服しなければならないことだけど、まだできていない。私を生かして、回復させてくれた神様に感謝したい。ファンのみんなには、ここ最近にもらった愛やサポートには感謝しきれない。皆のポジティブな想いや祈りのおかげで、この困難な時を乗り越えることができた。今の私は癒しや素面になるために集中する時間、そして回復に向けた時間が必要なの。皆が示してくれた愛は、忘れることができないし、いつか克服したと言える日が待ち遠しい。私は闘い続ける」

この告白を受け、パリス・ヒルトンなど数々の著名人からデミを支持するコメントが寄せられており、パリスは「あなたが大好きよ」とツイートしたほか、さらに、ジェニファー・ロペスが「あなたに愛を送る」とメッセージを送り、ヘイリー・ボールドウィンはシンプルにハートの絵文字を記している。

editeur

検索