メディア個別 レベッカ・ファーガソン、『メン・イン・ブラック』スピンオフ作で重要な役どころに | editeur エディトゥール

editeur

検索
第881回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

レベッカ・ファーガソン、『メン・イン・ブラック』スピンオフ作で重要な役どころに

レベッカ・ファーガソンが『メン・イン・ブラック』のスピンオフ作で重要なカギを握るキャラクターを演じることになった。『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が公開中のレベッカが、クリス・ヘムズワースやテッサ・トンプソン、リーアム・ニーソン、レイフ・スポール、クメイル・ナンジアニらの出演がすでに決定している人気シリーズの新作にキャスティングされたとデッドラインは伝えている。

さらにレベッカはスティーヴン・キングによる同名小説の映画化となる『ドクター・スリープ』にも出演が決まったところで、『シャイニング』の続編となる同作に向けてはユアン・マクレガーが主役のダニー役に決定しているほか、マイク・フラナガンが脚本と監督を兼任する予定だ。

『グレイテスト・ショーマン』も記憶に新しいレベッカは、次々と話題作への出演が決定しているところだが、キャリアをスタートした頃のモデル業は性に合わなかったため、女優業のほうがはるかに気楽だと先日明かしていた。「モデル業の全てが嫌いだったの。小さな番号札のあるオーディションに連れて行かれて、可愛さの牢獄ともいえるような場所に入れられてね」「初めての撮影のあと、全ての仕事を断ったわ。今でも写真を撮られるのは好きじゃないの。レッドカーペットは笑って通り過ぎるわ。ポーズするのはすごくぎこちなくて居心地が悪く感じるから。氷の上のバンビみたいになっちゃうわ」

ピックアップ

editeur

検索