メディア個別 『デッドプール2』のザジー・ビーツ、新作『ジョーカー』に出演? | editeur エディトゥール

editeur

検索
第831回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

『デッドプール2』のザジー・ビーツ、新作『ジョーカー』に出演?

『デッドプール2』での演技も記憶に新しいザジー・ビーツが新作『ジョーカー』に出演する見込みだ。ホアキン・フェニックスがバットマンの天敵ジョーカーを演じるDCコミック最新作で、ザジーはジョーカーに見込まれるシングルマザー役に向けて出演交渉を行っているとみられている。

トッド・フィリップスが『8 Mile』のスコット・シルヴァーと共同執筆した脚本を基に、監督を務めるこの新作についてはまだ多くは明かされていないものの、ホアキンは先日、ユニークな描写になると明かしていた。「この作品を既存のジャンルにあてはめようとは思わないね。スーパーヒーロー映画やスタジオ映画とは言わないし、ユニークなものなんだと思うよ。それ以上に重要なことは、トッド(フィリップス監督)が作品にとても熱を上げているみたいだということ。だから、興奮するね」「こういった映画が熱狂的に、それもかなりの規模で受け入れられているのは、リアルな人生の苦悩を抱えた素晴らしいキャラクターたちのおかげだと思うんだ。そしてそれが明かされることもあれば、明かされないこともある。だからコミック本に登場するキャラクターたちの中には、とても興味深い人たちがいて、その点を掘り下げる機会が与えられるべきだと常に感じていたんだ。だから、トッドもそこに魅力を感じているんだと思うよ」

『ジョーカー』は2019年10月に公開予定だ。

editeur

検索